サラリーマンって何?具体的な仕事内容と得られるものと失うものとは?

サラリーマンって具体的に何の仕事をしてる人なのかと疑問に思ったことはありませんか?

平日は通勤電車に揺られ金曜日は居酒屋にいるサラリーマンは一体何者なのでしょうか。

今回はサラリーマンの具体的な仕事内容とサラリーマンになって得られるものと失うものについて解説します。

サラリーマンとは?

サラリーマンとは企業に正規雇用されている者で企業から毎月、給与をもらっている人のことです。

医師などの専門職や会社役員はサラリーマンには該当しません。

日本の多くの人は大学や専門学校を卒業後に就職活動を行いサラリーマンになろうと頑張ります。

サラリーマンの給料は会社規模と職種により異なり多くの給料を求めて大手企業に入りたいと願う学生がいる一方で、会社を大きくする体験をしたいと考え規模の小さいベンチャー企業に就職する人もいます。

いずれも共通していることは、企業に雇われてお金を貰っているということです。

サラリーマンの仕事内容

以下は一部ですがサラリーマンの職種は様々な種類があります。

サラリーマンの職種

  • 営業職
  • 企画職
  • 事務職
  • Webデザイナー
  • Webディレクター
  • Webコンサルタント

多くの新卒学生は営業職を経験してから他の部署に転属させられることが多いようです。

職種により仕事内容は異なりますが、いずれも勤めている会社の利益になるように努力するということは共通しています。

各自、目標を持たされて目標達成のために日々努力します。

目標を達成し勤めている会社の利益につながるような働きをした者は出世をして企業内での役職が上がり給料も上がります。

同時に責任を負うようにもなります。

サラリーマンになる方法

サラリーマンになるためには最低でも中学校は卒業しておいた方がいいでしょう。

その後も、高校、大学、専門学校と学歴に応じて就職できる会社の規模や給料が異なってきます。

大企業では大学卒業を入社条件としていることが多く、まだまだ学歴を見ている企業が多いです。

サラリーマンに必要な資格

サラリーマンになるために必要な資格は特にありません。

ただし、就職活動をする上で日商簿記検定や英語検定などの資格があると有利に就職活動を進めることが出来るケースもあります。

就職したい業種により取っておくべき資格を見極めて、あらかじめ取得しておくことをおすすめします。

サラリーマンは自分の時間を売っている!?

サラリーマンは企業に雇われて働く代わりに給料をもらいます。

多くのサラリーマンは朝の9時に出社して夜の20時頃まで働きます。

最低でも朝の9時から17時までは会社にいないといけないという会社規定があるので時間拘束を受けるのがサラリーマンです。

つまりサラリーマンは自分の時間を売ってお金を貰う仕事なんです。

サラリーマンになって得るもの

サラリーマンになって得られるものは以下の通りです。

サラリーマンになって得るもの

  • 一時的な安定
  • やりがい

会社に正規雇用されているので余程のことがない限り急に仕事を失うことはまずありません。

そのため、毎月安定した給料が貰えますし仕事を休んでも有給休暇を使えばいつも通りの給料が貰えます。

また、目標達成のために日々努力するためやりがいを感じることができます。

ただし、この安定とやりがいは一時的なものであることを忘れてはいけません。

企業はいつまでも好調に業績を上げていくとは限りません。
急に給料が下がることだってあります。

突然の転勤や部署異動を命じられて今まで満足していた「やりがい」を突然奪われる可能性もあります。

サラリーマンになって失うもの

サラリーマンになって失うものは以下の通りです。

サラリーマンになって失うもの

  • 家族との時間
  • 健康
  • 大きな収入

サラリーマンは勤めている会社に時間を売って収入を得ます。

当然、結果を出すためには残業が必要なこともあるでしょう。

1日8時間から10時間程は会社に時間を拘束されるので家族との時間が無くなります。

また、長時間労働やストレスにより体を壊す人もいます。

一時的な安定と引き換えに失うものは思った以上に大きいです。

しかも、どんなに会社に尽くしたとしてもその会社で多くの収入を得るのは社長や会社役員になります。

あなたがどんなに会社に尽くしてもあなたに入ってくる収入はいつも通りであなたの役職に応じて支払われます。

サラリーマンのメリットを活かした働き方とは?

サラリーマンは会社に時間的拘束を受ける一方で、毎月安定した給料をもらうことができます。

さて、サラリーマンのメリットは何でしょうか。

サラリーマンのメリットは毎日決まった時間会社にいれば給料を貰えるということです。

この安定収入を元手に副業を行えばダブルで収入を得ることができます。

しかも、副業で失敗しても会社に勤めているので何も怖いことはありません。

お金を稼いでいる人はお金に働いてもらっています。

まず、株式投資やFXなどは上手くやれば分かりやすく副収入を得ることができます。

しかし、ちょっと知識が必要で難しそうですよね。

そこでサラリーマンの副業としておすすめなのがブログ運営です。

ブログ運営はブログ記事を書いて、そこに広告を貼ることで広告収入を得ることができます。

頑張れば月に300万円程の副収入が得られます。
ただし、この額はかなり頑張らないと無理なので月に10万円程度を目指すのが妥当です。

良くブロガーが自分のブログ記事に貼っている広告がアフィリエイト広告という成功報酬型広告です。

これは、ブログ記事に貼った広告を経由して商品が購入されたら成果報酬が発生するというものでインターネット広告の1つです。

転職エージェントのリクルートやエステのキレイモなど大手広告主もこのアフィリエイト広告に出稿していて様々なジャンルの広告種類があります。

このアフィリエイト広告はASPと呼ばれるアフィリエイト広告を管理している会社のサービスを使うことで、ブログ記事に簡単に広告を貼ることができるようになります。

日本最大手のASPだとA8.netが一番信頼できて安心できるASPです。
毎年、東京、大阪、福岡で大規模フェスを開催するなど規模のでかい会社で一部上場もしてるので安心です。

サラリーマンって何?まとめ

サラリーマンは会社に自分の時間を売る仕事で一時的な安定収入を確保できますが、一生保証されるものではありません。

サラリーマンのメリットは会社に出勤してれば毎月安定収入が入ってくることです。

そのお金を元手にブログ運営をして広告収入を得るようにすればダブルインカムになり生活にゆとりが生まれます。

これから、サラリーマンになる学生さんは今のうちからA8.netに登録しておくと勝ち組になれる可能性が高まります。

すでにサラリーマンとして働いている方はサラリーマンは続けて副業としてブログ運営を始めると生活にゆとりが生まれるかもしれません。

自分の時間と資産は自分で管理していきましょう!