仕事で集中力が続かない人がやってしまっている3つの間違いとは!?

仕事で集中力が続かないと作業が進まなくて困りますよね。

しかし、なぜこうも集中力がすぐに途切れてしますのでしょうか。

それはあなたが無意識に3つの間違った行動を取ってしまっているからです。

今回は仕事で集中力が続かない原因と集中力を上げる方法を解説します。

仕事で集中力が続かないのはなぜ?

仕事で集中力が続かないのは、あなたが以下の3つの間違った行動を取ってしまっているからです。

  1. 仕事にメリハリをつけてない
  2. 脳を疲れさせてしまっている
  3. 集中できる環境を作ってない

1つずつ解説していきましょう。

仕事にメリハリをつけないと集中力が続かない

仕事にメリハリをつけることを意識したことはありますでしょうか。

人間はそもそも長時間、集中できる生き物ではありません。

例えば、「仕事で8時間ぶっ続けて集中しろ!」と言われても無理な話なんです。

真面目な人は「8時間サボらずに集中して仕事をしなくては!」と思うかもしれません。

しかし、その行動が逆に集中力を低下させて生産性を下げてしまっているんです。

出社した時に以下の行動をしていない人は要注意です。

  • 今日やる仕事の棚卸しと工数算出をやってない
  • 帰る時間を決めていない
  • 仕事帰りにやる楽しみを決めていない

これが出来ていない人はダラダラと集中もせずに仕事をやってしまいます。

無意識に脳を疲れさせてしまっている

無意識のうちに脳を疲れさせてしまっていることはよくあります。

例えば以下の2つは絶対にやってはいけません。

  • マルチタスク
  • 心配事を脳に溜め込んでる

この2つをやってしまっている方は要注意です。

マルチタスクはシングルタスクよりも遥かに脳を疲弊させます。

また、心配事を脳に溜め込んでるのもやめておいたほうがいいです。

これもある意味マルチタスクになってしまっています。

ずっと心配事が頭の片隅にある場合、それを忘れないようにしなければと意識をしながら作業を行ってしまうからです。

集中できる環境をつくれていない

そもそも集中できる環境をつくる努力はしていますでしょうか。

せっかく集中しているのに同僚や部下から話しかけられてしまっては集中がそこで途切れてしまいます。

いわゆる「いい人」は要注意です。

話しかけられるといつも笑顔で対応している人。

仕事を振られても嫌がらずにやってあげてしまう人は、仕事の横ヤリによって集中力を途切れさせてしまいます。

仕事のできる人ほど「いい人」を演じないようにしてますよ。

集中力をあげる方法

集中力をあげる方法はいくつかありますが今回は5つ紹介したいと思います。

1日の作業の棚卸しと工数算出を朝にやる

まず、出社したらいちばん最初に今日やる作業の棚卸しと工数を算出してください。

今日やるタスクを紙に書き出して1タスクにつき何時間かかるのかを考えましょう。

慣れてくれば15分もあればこの工程はできるようになります。

こんな事をやるぐらいなら仕事を早く進めたいと思いますか?

しかし、この工程を行うことによってあなたは早く帰ることができるようになります。

なぜなら、今日やるタスクが明確になっていて時間を意識しながら作業を進めることが出来るからです。

例えば、メール返信を処理するのに30分と時間が決められていれば、1通ずつ丁寧に長文で返信することはしなくなるでしょう。

ポモドーロテクニックを使って作業時間にメリハリをつける

人間はそもそも長時間集中できる生き物ではありません。

そこで編み出されたのがポモドーロテクニックという手法です。

ポモドーロテクニックの工程は以下のとおりです。

  1. 25分集中して作業をする
  2. 5分の休憩をする
  3. 1〜2を4回繰り返す
  4. 15分の休憩を取る

この1〜4の工程を繰り返すことで、短時間にしっかり集中して作業ができるようになります。

しかも休憩から作業開始の工程を繰り返すことで「すぐに集中する」という癖ができるのでおすすめです。

集中できる環境を積極的に作り出す

集中できる環境を積極的に作り出す努力をしましょう。

僕がよくやる手法としては、イヤホンをして完全に話しかけないでオーラを放つことです。

イヤホンを両耳していれば、たいてい話しかけられません。

「そんなことしたら嫌われる」と思っている人は嫌われる勇気が足りませんね(笑)

「こんな事をしたら嫌われるかも」を気にしている時間があれば、自分がどうやったら成果を上げられるようになるのかを考えましょう。

あなたを評価する人はあなたの行動によって生み出された結果しか見ていませんからね。

おそらく人に嫌われるのが怖い人は毎日残業をしてしまっていると思います。

残業続きで辛い人は「なぜ残業をしてしまうのか?残業する人としない人の特徴から見えてくるもの!」の記事も読んでみて下さい。

心配事は紙に書き出しておき後で処理する

仕事をしていると必ず心配事がいくつか出てきます。

しかもその心配事は、考えていてもどうにもならないことが多いですね。

そんな心配事はすぐに紙に書き出しましょう。

そしてあとで振り返る時間をとると決めて忘れてしまいましょう。

1日の終りにそのメモを見返してみて下さい。

半分以上は勝手に解決しているはずです。

もし、解決していないのであれば優先順位を振ってタスクに落とし込みましょう。

マインドフルネスを習慣づける

集中力を根本的に習慣づけるのも1つの手です。

正直、ガムを噛むとか一時的な集中方法よりもずっと効果があります。

マインドフルネスのやり方は簡単です。

  1. 椅子に座って背筋をピンと張りお腹付近は緩めておく
  2. 目を閉じて深い呼吸をする
  3. 呼吸の数を数える

たったこれだけです。

ポイントとしては呼吸の時は腹式呼吸にしましょう。

鼻から吸ってちょっと止めて口から細い糸を吐くように息を吐き出します。

吸う時にはお腹が膨らむように、吐くときにはお腹がへっこむようにします。

これを毎日5分でいいからやる習慣をつけてみて下さい。

最初は5分もできないと思います。

2分位ですぐに目を開けてしまうでしょう。これは集中力がない証拠です。

この方法は「ぼーっとするのは脳の疲れが原因!?頭スッキリテキパキ働く方法」の記事の方で詳しく解説していますので興味のある人はよんでみてくださいね。

まとめ

今回はなぜ仕事で集中力が続かないのかと集中力を上げる方法について紹介しました。

集中力を上げることで仕事の生産性はグンとアップします。

キーボードのショートカットキーを覚えたり、メールの定型文を作るよりも効果があるかもしれません。

さっそく今日から試してみてくださいね!

こちらの記事もいかがですか?

Webデザイナーのリアルな1日を紹介!【Web制作会社編】

これからWebデザイナーを目指そうと思ってる方に向けて、僕が経験したWeb制作会社での1日をリアルに紹介したいと思います。 僕自身、Webデザイナーになろうと決めたは良いものの「実際のWeb制作会社の現場はどういうものな […]

フリーランスの僕が独立前の準備でやっていた10のこと

さぁ独立だ!と思い立って会社を辞めてしまう人は一部の天才を除いてほとんどいないと思うんですよね。 だいたいの人が独立前の会社員時代に準備をしています。 僕もそのうちの1人。 心配症な僕は徹底的に準備をしていました。 独立 […]

Profile

HONU

Honu

どうも、Web制作に詳しい人です。デザイン含めてフロントエンド周りをいじるのが好きです。何やらいろいろな記事を書いてきましたがこれからはなるべくWeb制作の話中心に記事を書いていこうと思ってますのでよかったら見ていってください。

詳しいプロフィールはこちら

ホヌログ

Webフロントエンジニアのブログ