Googleアカウント2段階認証の設定方法をやさしく解説!

日常的によく使うようになったGoogleですが、あなたはGoogleアカウントの2段階認証設定はしていますか?

2段階認証をしていない方は、アカウント乗っ取り被害に合う前に早急に設定することをおすすめします。

今回は、Googleアカウントの2段階認証の設定方法を解説していきます。

Googleアカウントの2段階認証とは?

Googleはアカウント乗っ取り被害を防止するために2段階認証の設定機能を提供しています。

2段階認証とは、パスワードとは別にもう1つ認証を通さなければログインできなくする機能の事です。

例えば、SMSで自分のスマホに認証コードが送られるようにして、パスワードと認証コードの入力がないとログインできなくするということができます。

他者がパスワードを盗みログインしようとしても、あなたのスマホに送られている認証コードがないとログインできないのでアカウント乗っ取りを防止する事ができます。

パスワードは簡単に盗まれる

パスワードを盗むということは思っている以上に簡単です。

複数のサイトでパスワードを使い回している場合

Webサービスが増えるにつれて私たちが管理するパスワードも増えましたよね。

パスワード管理が面倒になり、ついやってしまうのがパスワードの使い回しです。

パスワードの使い回しをしていると、他のWebサービスで個人情報の流出があった場合、その流出対象にパスワードも含まれていれば使い回している他のWebサービスで不正ログインをされてしまう可能性もあります。

インターネットからソフトウェアをダウンロードされた場合

日常的にインターネットを使って様々なサイトを見ていますよね。

そこで、知らぬ間に不正サイトに飛ばされてしまいソフトウェアをインストールされてしまうことがあった際には、その不正ソフトウェアによりパスワードを盗まれてしまう可能性があります。

メールからウィルス感染した場合

知らない人からのメールを開いて間違えてメール記載のリンクをクリックしてしまった際にはそのリンク先にウィルスが仕込まれていて感染してしまうという可能性もあります。

Googleアカウントの2段階認証の設定をする方法

まずはお使いのPCブラウザでGoogleにログインをしてください。

次に右上のメニューボタンから「アカウント」をクリックします。

アカウントをクリック

 

アカウント設定ページが開いたら「ログインとセキュリティ」をクリックします。

ログインとセキュリティ

 

ログインとセキュリティのページが開きました。

下にスクロールしていくと「Googleへのログイン」という見出しがあります。

そこに「2段階認証プロセス」というリンクがあるのでクリックします。

2段階認証プロセス

「アカウントを 2 段階認証プロセスで保護する」という画面が表示されるので「開始」をクリックします。

開始をクリック

Googleアカウントのパスワード入力を求められるので入力して「次へ」をクリックしてください。

パスワード入力

次の画面では電話番号の設定をする画面が表示されます。

2段階認証はGoogleアカウントのパスワードにプラスして、あなたのスマホのSMSに送られたコードを入力することにより2段階の認証を可能にしています。

電話番号を入力し「テキストメッセージ」にチェックをいれて次へをクリックします。

テキストメッセージにチェック

そうするとあなたのスマホにメッセージが届きますので、そこに記載されている数字を入力して次へをクリックします。

コードを入力

これであなたのスマホが、あなたの物であることの確認が完了したので「オンにする」をクリックして2段階認証の設定をオンにします。

2段階認証をオンにする

これで2段階認証の設定は完了です。

2段階認証設定完了

試しにGoogleを一度ログアウトしてログインし直してみて下さい。

以下のような2段階認証の画面が表示されて、あなたのスマホに送られたコードの入力を求められます。

スマホに届いたコードを求められます

認証用アプリを使うと更に便利!

今回はテキストメッセージによる2段階認証の設定方法をご紹介しましたが、認証用のアプリを使って認証コードを受け取る方法もあります。

Google Authenticatorというアプリを使うことでワンタイムパスワードを発行しこれを認証用のコードとして使うことができます。

ワンタイムパスワードとは一定時間ごとにパスワードが生成されるものです。

一定時間以内にそのコードを入力しないと認証することができないのでテキストメッセージよりもセキュリティが高いと思います。

Google Authenticatorを利用するにはGoogle2段階認証の設定の際に認証システムアプリを選択することで利用できます。

2段階認証できるサービスは必ず設定しよう!

2段階認証ができるサービスは設定する

便利なWebサービスがたくさん出てきていますが、2段階認証の設定ができるものについては積極的に設定をするようにしましょう。

アカウントの乗っ取りは本当に厄介です。

2段階認証をかけていれば、ちょっとやそっとではアカウントの乗っ取りは出来ないでしょう。

なぜなら、あなたのスマホに送られるコードを入力しなければパスワードが分かってもログインをすることが出来ないからです。

例えば、Evernoteも2段階認証の設定ができるのでEvernoteユーザーで設定がまだの人は以下の記事も読んで設定をしてみてくださいね!

>>  Evernoteで2段階認証の設定をする方法はこちら