【Googleアカウント】2段階認証の設定方法をやさしく解説!

日常的によく使うようになったGoogleですが、あなたはGoogleアカウントの2段階認証の設定はしていますか?

2段階認証をしていない方は、アカウント乗っ取り被害に合う前に早急に設定することをおすすめします。

今回は、Googleアカウントの2段階認証の設定をする方法を、画像キャプチャを使いながらやさしく解説していきます。

この記事を見ながらあなたも2段階認証の設定をしてみてくださいね!

Googleアカウントの2段階認証の設定をする方法

それでは順を追って説明をしていきますね!

まずはお使いのPCブラウザでGoogleにログインをしてください。

次に右上のメニューボタンから「アカウント」をクリックします。

アカウントをクリック

 

アカウント設定ページが開いたら「ログインとセキュリティ」をクリックします。

ログインとセキュリティ

 

ログインとセキュリティのページが開きました。

下にスクロールしていくと「Googleへのログイン」という見出しがあります。

そこに「2段階認証プロセス」というリンクがあるのでクリックします。

2段階認証プロセス

「アカウントを 2 段階認証プロセスで保護する」という画面が表示されるので「開始」をクリックします。

開始をクリック

Googleアカウントのパスワード入力を求められるので入力して「次へ」をクリックしてください。

パスワード入力

次の画面では電話番号の設定をする画面が表示されます。

2段階認証はGoogleアカウントのパスワードにプラスして、あなたのスマホのSMSに送られたコードを入力することにより2段階の認証を可能にしています。

電話番号を入力し「テキストメッセージ」にチェックをいれて次へをクリックします。

テキストメッセージにチェック

そうするとあなたのスマホにメッセージが届きますので、そこに記載されている数字を入力して次へをクリックします。

コードを入力

これであなたのスマホが、あなたの物であることの確認が完了したので「オンにする」をクリックして2段階認証の設定をオンにします。

2段階認証をオンにする

これで2段階認証の設定は完了です。

2段階認証設定完了

試しにGoogleを一度ログアウトしてログインし直してみて下さい。

以下のような2段階認証の画面が表示されて、あなたのスマホに送られたコードの入力を求められます。

スマホに届いたコードを求められます

2段階認証できるサービスは必ず設定しよう!

2段階認証ができるサービスは設定する

便利なWebサービスがたくさん出てきていますが、2段階認証の設定ができるものについては積極的に設定をするようにしましょう。

アカウントの乗っ取りは本当に厄介です。

2段階認証をかけていれば、ちょっとやそっとではアカウントの乗っ取りは出来ないでしょう。

なぜなら、あなたのスマホに送られるコードを入力しなければパスワードが分かってもログインをすることが出来ないからです。

例えば、Evernoteも2段階認証の設定ができるのでEvernoteユーザーで設定がまだの人は以下の記事も読んで設定をしてみてくださいね!

>>  Evernoteで2段階認証の設定をする方法はこちら

【Evernote】安全な2段階認証のかけ方を一挙公開!

2017.08.05