【情報収集ツール】SlackとGoogleアラートの組み合わせが最強!

ブログ運営やアフィリエイトをする上で情報収集はとても重要になってきます。

GoogleアラートとSlackというツールを組み合わせれば、最強の情報収集ツールを作ることができるのをご存知でしたか?

今回はSlackとGoogleアラートそれぞれの紹介と連携方法まで解説します。

情報収集ツールはRSSリーダーだけじゃない!

情報収集にはFeedlyなどのRSSリーダーを使って、特定のサイトの更新情報を受け取る方法がありますね。

実は情報収集の方法はそれだけではありません。

Googleアラートとは?

Googleアラートは気になる「キーワード」に関する最新情報をメールやRSSに通知してくれるサービスです。

Googleアラートを使えば「キーワード」ベースでの最新情報を取得することができます。

例えば「アフィリエイト情報サイトA」の更新情報だけを受け取りたいのであればFeedlyで十分かもしれません。

しかし、他のサイト情報の方が新しく情報サイトAには投稿されていない情報が存在していたらどうでしょうか。

その情報を逃すのはもったいないですよね。

Googleアラートはキーワードベースで情報を収集してくれます。

先程の例でいうとネット上に「アフィリエイト」というキーワードに関連した記事が投稿されると自動で更新情報を取得してくれます。

設定さえしてればそのキーワードに関する最新情報をすぐに取得することができるんです!

Slackとは?

Slackは無料で使えるチャットツールの1つです。

他社サービスではチャットワークが有名ですね。

チャットワークとの違いはできることの多さでしょうか。

チャットワークは本当にチャットだけに特化したサービスですが、Slackは様々なツールとの連携が可能です。

そのため僕の周りのエンジニアやデザイナーはだいたいSlackを使ってますね。

ちょっと技術やIT寄りの人が使うサービスかもしれません。

公式サイト

>>Slackはこちら

SlackとGoogleアラートを連携する方法

それでは、実際にSlackとGoogleアラートを連携してみましょう!

Slackの初期設定方法

まずはSlackに無料登録しましょう!

メールアドレスを入力して「Slackを始める」をクリックして指示に従いSlackを使える状態にしてみてください。

Slackを始める

管理画面にログインすると以下のような画面になっていると思います。

Slack管理画面

Slackにはチャンネルという概念があり、自由にチャンネルを追加・削除することができます。

チャット部屋みたいな感じです。しかし、人を招待しなくてもOKなんです。

このチャンネルを利用して、Googleアラートからフィード情報を読み込む仕組みを作っていきます。

まずはチャンネルを作ってみましょう!今回は例としてアフィリエイト情報を収集するためのチャンネルを作ってみたいと思います。

まず、サイドメニューから「チャンネル」のプラスボタンをクリックします。

チャンネルをクリック

そうすると以下のようなチャンネル作成画面になります。

スイッチボタンを「プライベート」にしてチャンネルの「名前」を入力します。

入力できたら緑色ボタンの「チャンネルを作成する」をクリックしてください。

チャンネル作成画面

以下のようなチャンネルが出来上がったはずです。

赤枠のところにメッセージを打ち込んで送信をクリックすればタイムラインにメッセージが表示されます。

このチャンネルはプライベートで作っていて、誰も招待していないので自分だけが見れるメッセージということになります。

アフィリエイトチャンネル

Googleアラートの初期設定方法

次はGoogleアラートの設定をしていきます。

Googleにログインしている状態でGoogleアラートのサイトを開いてください。

一番上に「アラートを作成」というフォーム欄があるので、そこに収集したい情報に関するキーワードを入力します。

今回は例として「アフィリエイト」と入力します。

アフィリエイトと入力

次にフォーム欄すぐ下に「オプションを表示」というリンクがあるのでクリックしてオプション設定画面を開きます。

オプションを表示する

順にオプションの設定をしていきましょう!

オプション設定画面

設定に関してはお好みで設定をしていただいて大丈夫なのですが、上記のキャプチャと同じで大丈夫だと思います。

頻度は最新情報を誰よりも早く取得したいので「その都度」を選択しました。

ソースはニュースやらブログやら選べますがGoogleさんにおまかせという事で「自動」にしてます。

件数は「上位の結果のみ」にすることで、キーワードと関連性の高いものだけが通知されるようになります。

配信先に関してはRSSフィードとメールの2つがありますが、今回はSlackと連携するのでRSSフィードにしておいてください。

オプション設定が済んだら「アラートを作成」ボタンをクリックします。

すると以下のようにアラートが作成されてますね!

マイアラートのRSSアイコンをクリックするとRSSフィード画面が開きます。

マイアラート

ここでURLをコピーしておきましょう!

URLをコピー

SlackにGoogleアラートのフィード情報を読み込ませる

これで各サービスでの準備は整いました。いよいよSlackにGoogleアラートを連携してみましょう!

Slackで作った「アフィリエイト」チャンネルを開いてください。

投稿フォームに以下を入力して送信をクリックします。

 

/feed 【さっきコピーしたURL】

 

投稿フォームに入力

以下の画像のように「購読フィード」が表示されれば成功です!

購読フィード

あとは新着情報が流れてくるのを待つだけです。

/feed listと入力して送信を押すと、そのチャンネルで購読しているRSSフィード情報のリストを取得することができます。

フィードリスト

Slackアプリを入れてスマホで通知を受け取ろう!

Slackアプリをスマホに入れておけばすぐに通知を受け取ることができます。

Slackアプリを入れて通知を許可にしておけばOKです。

アプリから通知がくる

まとめ

情報収集は目的を持って行いたいものです。

なんとなくRSS情報を取得しておいて、なんとなく眺めているだけではあまり意味がありません。

Googleアラートのように何のキーワードに関する情報を取得したいのかを設定して受け取ることができるのはいいですね。

しかもSlackと連携をしておけばすぐに最新情報が通知されますのでとても便利です。

SlackとGoogleアラートを使ったことが無い方はぜひ、試してみてくださいね!