【Twitter】プライバシーポリシー改定の注意点を解説!個人情報が使われる?

Twitterから2018年5月25日に利用規約とプライバシーポリシーを改定すると通知がきました。

スマホアプリを使ってる方はその通知を目にした人もいるのではないでしょうか。

早速、Twitterのプライバシーポリシーがどう変わって、何に注意しなければいけないのかをまとめてみました。

Twitterプライバシーポリシー改定の通知

2018年4月25日の朝、スマホでTwitterを立ち上げると通知が届いてました。

▼こんな通知です。

プライバシーポリシー改定通知

この通知を見て気になったのは以下の記述です。

「Twitterが収集するお客様のデータ、その取り扱い、個人データの管理性に対する透明性を高めるため、」

これを読んだ時に、Twitterユーザーの個人データの管理方法に変更が入ったのかな?と思いました。

そこで早速、詳細情報を見てみることにしました。

プライバシーポリシーの何がどう変わったの?

ざっくりいうと僕の解釈では「利用者の個人情報を使わせてもらうよ!でも個人情報の管理機能はしっかりあるよ!」って話を強調して分かりやすく伝わるように改定がされていました。

変更点の記述は以下の通りです。

・利用者の個人データに対する管理機能について強調しました。
・利用者が公開したデータをTwitterが開発者向けツールなどを通じて幅広く瞬時に共有していることを強調しました。
・Twitterが利用者のデータをビジネスパートナーと共有する際の透明性と管理について詳しく説明しました。
・危険を避け、法令を遵守し、公共の利益にかない、すべての人にとって安全で快適なTwitterを実現するために、利用者のデータをどのように共有しているかをわかりやすく説明しました。

引用:利用規約とプライバシーポリシーの改定

もともと、個人情報(ユーザー情報)については第三者のサービスと共有される可能性があるとプライバシーポリシーに記載されていましたが、その詳細をもっと分かりやすく重要なことは強調するようにプライバシーポリシーの改定がされています。

補足
ちなみにこの個人情報(ユーザー情報)という言葉はユーザーの名前、メール、電話番号など重要なものではないのでご安心を。 

実際にTwitterプライバシーポリシーのページでは新旧2つのプライバシーポリシーを見ることができるようになってますが、かなり分かりやすくなっていました。

さすが大きなサービスだけあって、この辺はしっかりしていますね。

個人情報が使われるってどういうこと?

さて、一番気になる個人情報がビジネスパートナーに共有されるとは一体どういうことでしょうか。

ビジネスパートナーと個人情報を共有されるのはなんだか気味が悪いので個人的には避けたい所です。

ここで、新しいTwitterプライバシーポリシーのページを見てみましょう。

コントロールの共有
Twitterは、ユーザーが第三者のウェブクライアントまたはアプリケーションが自身のアカウントにアクセスすることを許可する場合、またはユーザーが自身のフィードバックを特定の会社と共有するようにTwitterに指示する場合など、ユーザーからの同意に基づき、またはユーザーの指示に従って、ユーザーの個人情報を共有または開示します。ダイレクトメッセージや保護されたツイートなどの情報を、第三者のサービスを通じてTwitterにアクセスしている別の者と共有した場合、その情報が当該第三者のサービスとの間で共有される可能性があることにご注意ください。

引用:Twitterが共有および開示する情報

思いっきり個人情報を共有または開示すると書かれてますね。

「ユーザーからの同意に基づき、またはユーザーの指示に従って」と書かれているのでおそらく設定画面があるのではないかと初めてTwitter設定画面を見てみました。

すると見つけました!

「一部のパートナーを通じてデータを共有」というスイッチボタンが!

この設定をオンにしていると、個人情報(名前、メール、電話番号を除く)が共有されます。

もし、個人情報を使われたくないという方はこのスイッチをオフにしておくといいでしょう。

個人情報を使われないための設定方法

それでは、Twitterのパートナー会社に個人情報を使われないために設定をしておきましょう。

Twitter公式アプリでの説明になります。
まずはアカウント管理ページを開きます。

アカウント管理を開く

次に「設定とプライバシー」をタップします。

設定とプライバシー

「プライバシーポリシーとセキュリティ」をタップします。

プライバシーポリシーとセキュリティ

下の方にある「カスタマイズとデータ」をタップします。

カスタマイズとデータ

これまた下の方にある「一部のパートナーを通じてデータを共有」のスイッチをオフにします。

一部のパートナーを通じてデータを共有

以上の設定で個人情報が一部のパートナーに共有されることを防げます!

設定をしていても個人情報が使われるケースもある

上記の設定をしておけば安心と思ったのですが、ヘルプセンターのプライバシーページに気になる記述を見つけました。

この変更は、以下に示した特定のタイプのパートナーシップとパートナーのみに適用されます。これはその他のパートナー(サービスパートナーなど)とどのようにデータを共有するかには影響しません。また、以下に示したパートナーであっても、以下のパートナーシップの取り決め以外については、この変更は適用されません。

引用:Twitterのビジネスパートナーとの利用者のデータの共有

この設定はその他のパートナーには影響しないと書かれてますね。

その他のパートナーがどこのどんな会社なのかは僕が調査したところ明記はされてませんでした。

その他のパートナーというのはかなり気になります。

おそらくですがTwitterの個人情報を利用したいパートナーなのでマーケティング関連の会社の可能性がありますね。

でも、僕は問題ないかなと思ってます。それは以下の記述を見ていただければ安心できると思います。

これらのパートナーとTwitterが共有する情報にはユーザーの氏名、メールアドレス、電話番号、またはTwitterのユーザー名は含まれませんが、一部のパートナーシップでは、パートナーがユーザーから事前に同意を得た場合には、他の個人情報にTwitterが共有する情報を結び付けることができるようになっています。

引用:コントロールの共有

Twitterのパートナー会社にユーザーの氏名、メールアドレス、電話番号、またはTwitterのユーザー名を共有しないのにその他のパートナーには共有するということはありえないと判断したためです。

それであれば重大な個人情報があらゆるパートナー会社に利用されるということはありませんからね。

使われたとしてせいぜい、趣味・嗜好などの人口データなどでしょう。

注意点としてはその他のパートナーが展開しているサービスに会員登録などしている場合は情報の結びつけにより利用される個人情報の質が上がってしまう可能性があるということでしょう。

しかし、そもそも怪しいサービスに登録をしていなければ悪用されるようなことはまずないと思ってます。

この記事を読んでいるような方であれば怪しいなと思うサービスには会員登録しないのではないでしょうか。

まとめ

今回、僕が着目したTwitterサービス利用によるビジネスパートナーへの個人情報の共有についてまとめると以下のようになります。

個人情報共有についてまとめ
  • Twitter利用すると個人情報が一部のパートナーと共有される
  • 個人情報が共有されるかどうかはユーザー側で設定ができるがその他のパートナーには適用されない
  • 氏名、メールアドレス、電話番号など重要な個人情報は共有されない

Twitterユーザーの個人情報をビジネスパートナーと共有してることや、共有の可否をユーザー側で設定できることをプライバシーポリシーで分かりやすくしっかりと告知してくれるTwitterは流石しっかりしていますね!

しかも、名前、メール、電話番号みたいな重要な個人情報は基本的には共有されないので気にならない人は気にならないかもしれません。

個人情報を広告配信などに利用されたくない方は今回、ご紹介した設定をやってみてくださいね!

興味のある方はどうぞ!

規約関連の話に興味がある方はこんな記事も書いているので良かったら読んでみてくださいね!

>>【Googleドライブ】アップロードしたファイルが勝手に共有されないか心配なので調べてみた!