プラスメッセージとLINEの違いは何?特徴を比較してみた!

2018年5月9日に国内大手3キャリア(ドコモ・ソフトバンク・au)から+メッセージ(プラスメッセージ)というアプリがリリースされます。

プラスメッセージはSMSの後継版と位置づけられているアプリ。

何が出来るアプリかというと、基本的にLINEと同じようなメッセージのやり取りができるアプリです。

プラスメッセージ

そこで気になるのはLINEとの違いです。

既にLINEは大勢のユーザーを獲得しており各企業とのサービス連携も進んでいる状況。

果たして、プラスメッセージに乗り換える人はいるのであろうか。疑問です。

今回はプラスメッセージとLINEを比較してみました。
プラスメッセージを使うのかLINEを使うのか検討材料としてどうぞ!

プラスメッセージとLINEの違い

プラスメッセージとLINEの違いは以下の比較表通りです。

やはり、LINEの方が優勢ですね。
プラスメッセージでは会員登録・友達登録が不要ですが、それ以外は全てLINEの方が優れています。

※以下の表はスマホで横スライドできます。

LINE プラスメッセージ
通信手段 パケット通信 パケット通信
テキスト・絵文字 1万文字送受信OK 最大全角2,730文字まで送受信OK
ファイル添付 容量無制限で送受信OK 最大100MBまで送受信OK
音声メッセージ 送受信OK 送受信OK
スタンプ あり あり
位置情報 送受信OK 送受信OK
格安スマホ 利用OK 利用NG(対応予定あり)
友達登録 必要 不要
ガラケー 非対応 非対応
会員登録 必要 不要
音声通話 通話可能(パケット通信) NG
既読機能 あり あり
グループチャット 利用OK 利用OK

プラスメッセージ特徴まとめ

LINEとの比較がだいたい分かったところでプラスメッセージの特徴を見てみましょう。

専用アプリをインストールする必要がある

プラスメッセージを使うためには、まずアプリストアからアプリをダウンロードして自分の端末にインストールする必要があります。

この点は、LINEと同じですね。

ソフトバンクユーザーでAndroid端末を使っている人は、アプリの自動更新を有効にしている場合、今まで使っていた「SoftBankメールアプリ」が自動的にアップデートされてプラスメッセージに切り替わります。

softbankでAndroidを使っている場合画像:SoftBank

会員登録をする必要がない

プラスメッセージを使うのに会員登録は必要ありません。

LINEの場合はIDとパスワードの発行が必要で、ITリテラシーの低い方は苦労したのではないでしょうか。

その点、プラスメッセージは会員登録が必要ないので親の世代などITリテラシーが低い方でも使いやすそうです。

電話番号が分かればメッセージを送れる

プラスメッセージは会員登録が必要なく相手の電話番号がわかっていれば簡単にメッセージを送ることができます。

もし、自分の電話帳に登録されていない相手からメッセージが来た場合、電話帳のリストに「未登録」と表示してくれます。

未登録ユーザー画像:ITmediaNews

手書きメッセージも送れる

スケッチ機能画像:ITmediaNews

テキストメッセージだけではなく手書きのスケッチを送ることもできます。

テキストでは表現できない事を伝えるのに使えそうですね。

スタンプは600個も無料で使える

スタンプ画像:ITmediaNews

メッセージアプリで欠かせないのがスタンプですが、プラスメッセージでは最初から無料で600個のスタンプを使うことができます。

初期ではLINEのクリエイターズスタンプのようなものは無いみたいですが今後に期待ですね。

位置情報が簡単に送れる

位置情報画像:ITmediaNews

従来のSMSでは容易に送ることができなかった位置情報も簡単に送ることができます。

飲み会の待ち合わせに便利ですね。

グループチャットができる

グループチャット画像:ITmediaNews

LINEにもありますがグループチャットもできます。

同窓会などLINE交換をしていない人とでもプラスメッセージなら電話番号のみでメッセージを送ることができるので便利かもしれませんね。

既読管理ができる

既読管理はレ点のチェックマークで既読なのか受信済なのかがわかります。

上記、グループチャットの画像をご参照ください。

格安スマホでは使えない

現時点では格安スマホでは利用できません。

これは各キャリアの電話番号を使うサービスなので格安スマホでの利用開始にはまだ時間がかかりそうです。

しかし、利用検討はしているみたいです。

音声通話、ビデオ通話ができない

LINEの様にパケット通信での音声通話、ビデオ通話をすることができません。

よくよく考えてみればキャリアからすると電話は普通に回線使ってよって話なので当然といえば当然ですね。

データ移行がめんどくさい

LINEの場合データ移行はアカウント引き継ぎ設定で簡単に引き継げます。

プラスメッセージの場合はこのような機能はなく、SDカードにデータをバックアップしてから新しい機種側で読み込むという素人には少しハードルが高い方法でしかデータの移行を行うことができません。

SMSの後継であるRCSとは?

プラスメッセージはSMSの後継にあたるRCSという規格を採用しています。

世界的にみてもSMSはメッセージ文字数や送信可能な画像ファイルサイズが少なく不便でした。

そこで「もうちょっと送信できる容量増やそうよ!」って出てきたのがRCSという規格です。

SMSで出来ること

  • テキストメール送受信

RCSで出来ること

  • 写真、ファイル共有
  • 既読、未読管理
  • グループチャット
  • スタンプ送受信

プラスメッセージのデメリット

僕が感じたプラスメッセージのデメリットは友達登録が不要ということです。

どういう事かというと、電話番号を知っていればメッセージを送ることができてしまうということです。

LINEの場合は友達登録をしてないとメッセージのやり取りができません。

しかし、プラスメッセージの場合は友達登録という概念がないので電話番号さえ知っていれば誰にでもメッセージを一方的に送ることができてしまうんです。

これは従来使われてきたSMSもそうだったので、実は大きな問題ではないのですが「LINEと同じようなもの」という認識が世間に出回ってしまうと、思わぬトラブルにつながってしまいそうだなと思いました。

LINEと同じようなものという認識が出回ってしまうと、プラスメッセージで送られてくるメッセージは知り合いからのメッセージだと誤認識をしてしまう可能性がありますからね。

注意点

プラスメッセージは知らない相手からもメッセージが送られてくる場合がある

プラスメッセージの使いみち

プラスメッセージの使いみち

ではプラスメッセージはどういった使いみちがあるのでしょうか。
全く使えないアプリなのでしょうか。

想定できる使いみちとしてはビジネスでの利用です。

例えば、取引先と名刺交換をして電話番号さえ知っていればメッセージを送ることができます。

「打ち合わせに遅刻しそうだ!」という時に「電車の中で電話ができない!」という状況でプラスメッセージを使えば簡単にメッセージを送ることができます。

「おいおい、これはSMSでも送れるだろう」と思った方。

短いメッセージを送るという観点からすると同じですがSMSとの違いはパケット送信できる点にあります。

SMSの場合は他社のキャリアにメッセージを送信するときには1通3円程かかります。

その点、プラスメッセージではパケット送信でメッセージを送ることができるので、パケット定額サービスに入っていればお金をかけずにメッセージを送れるんですね。

また、クライアントと飲み会をする時に位置情報を簡単に送ることができるのもメリットの1つです。

現時点ではLINEを使うのが便利

現時点では圧倒的にLINEの方が便利なのでユーザー目線からするとプラスメッセージを使おうとは思いませんね。

キャリア側もLINEと比べられると負けるというのが分かっている様子で「LINE対抗ではない」と発言してます。

今後はカスタマーサポートや各種お申込み、予約確認などをチャットを通じて簡単にできるようにしていくみたいです。

LINE@とどういった差別化ができるのかが気になる所ではありますが現時点では今後の様子見といったところでしょうか。

まとめ

結論としては現時点ではプラスメッセージは使えないアプリの様に感じています。

LINEがあるのでわざわざプラスメッセージに乗り換える人もいないでしょう。

知らない人からメッセージが送られてくるリスクがあるならダウンロードもしないでしょう。

取引先とのやり取りも打ち合わせに遅れるくらいの連絡ならSMSで十分です。

このようなアプリをなぜリリースすることにしたのかは謎ですね。

何か1つ特筆できるメリットがあれば、利用者もいたかもしれませんが現状のアプリでは魅力を感じないと個人的には思いました。

今後、どのようなサービスと連携していくのか様子見といったところでしょうか。

詳しい記事はITmediaでも紹介されていますので良かったらどうぞ。