ぼーっとするのは脳の疲れが原因!?頭スッキリテキパキ働く方法

ぼーっとするのは脳の疲れが原因!?頭スッキリテキパキ働く方法

なんかぼーっとする。頭が冴えない。仕事がはかどらない。ぼーっとするので同僚との議論に勝てない。
そんな経験ありませんか?僕自身「なんかぼーっとするな」とか「頭が冴えないな」ってことがよくありました。

というわけで今回はこんな人に向けてメリットのある記事となってます。

  • なんとなくぼーっとする自分を変えたい。
  • 同僚との議論に負けないくらい頭スッキリ思考速度を早めたい。
  • 常に色々な事を考えすぎて頭がパンパンで疲れる。

人間の脳は常に何かを考えている

人間の脳っていつも何かを考えてるんです。
歯を磨いている時も、電車に乗っている時もずっと何かを考えています。

それはたいてい、未来のことや過去のことなんですね。

「あぁ今日のプレゼンミスったらどうしようかな・・・」
「あぁ昨日友達にあんなこと言わなければよかった・・・」
「将来サラリーマンなんて辞めて田舎で自由な生活をしたいな・・・」

なんて未来や過去の事をずっと考えているんです。
思い当たるところがあると思うんですね。
これをモンキーマインドって言うみたいです。

思考という猿がたくさん乗った電車がホームに到着します。
あなたはそのホームにいます。
電車には色んな事を言っているうるさい猿がいっぱい乗ってます。
おそらくこの電車に乗ってしまうと常に色々な事を考えてしまうのでしょうね。

でもその電車には乗る必要はありません。
あなたは、ただホームにいて過ぎ去っていくその電車を見送ればいいんです。
電車は時間になると勝手に過ぎ去っていきます。

このように人間は常に何かを考えてしまうものなのです。
未来や過去の事を考えすぎないようにすることで脳を疲れさせないようにすることができます。

雑念こそが脳を疲れさせる原因

先程のモンキーマインドの様に人間は様々なことを思考してしまいます。
いわば雑念ですね。この雑念こそが脳を疲れさせる最大の原因なんです。

あるデータによると雑念があることで脳の60〜80%のエネルギーを使ってしまっているそうです。
追加で何か作業をする時に使うエネルギーはたったの5%程度。

これっていかに雑念がやばいものなのかがわかりますよね。

マインドフルネスで脳の疲れを取る

そこで活躍するのがマインドフルネスです。

Googleの社員がやっているということで一時期話題に上がりましたが詳細は知らないといった方も多いのではないでしょうか。

マインドフルネスとは「評価や判断を加えずに、いまここの経験に対して能動的に注意を向けること」です。
日本で言う瞑想のようなものでしょうか。

人間はずっと何かを考えてしまうので脳を疲れさせてしまいます。
だから、時々脳を休ませてあげる必要があるんですね。

日常的にマインドフルネスをやることを心がけていれば、脳を休ませることができてぼーっとすることも減ってくると思います。

マインドフルネスのやり方

マインドフルネスのやり方は簡単です。

このやり方は「世界のエリートがやっている最高の休息法」に載っているので引用しますね。

1、椅子に座って手はふとももの上
2、目をつぶって何も考えない、感覚に意識する
足が床についている感覚、呼吸する空気の温度など
3、雑念が浮かんだら、感覚に意識を向ける
4、一日5分で良いので毎日、同じ時間、同じ場所でやること
5、呼吸を意識するときには呼吸の数を数える(ラベリング)と集中しやすい
(ラベリング:自分の行動にラベルをはっていく)

肝心なのは毎日、同じ時間、同じ場所でやることですね。
脳は習慣を好みますので1日5分でいいので習慣化させることが肝心です。

実際にマインドフルネスを1週間やってみた

というわけで、僕もなんか頭がぼーっとするという日が続いていたので、1週間このマインドフルネスをやってみたんですね。

結果は・・・

毎日続けられない。。目をつぶってもすごい量の雑念が襲ってきてすぐ目を開いてスマホゲームをやってしまう。

これ、想像以上に難しいです。

でも、日常的に意識をするようにはしてます。
例えば、歩いている時によく考え事をしていたのですが今は空を見ながら空気の冷たさや風の音に注意を向けてみることで以前よりも考え事をする時間が減って少し楽な気分です。

僕は結構、気にしすぎるタイプなので「あの時、会社であんなこと言わなければよかった」なんてことがよくあるんですがそういった細かなことを考えそうになったらマインドフルネスを思い出すようにしています。

まとめ

なんかぼーっとするなと思った時は脳の疲れが原因かもしれません。

そんな時はマインドフルネスを試してみてくださいね。

僕が読んだ「世界のエリートがやっている最高の休息法」という本では今回ご紹介したものの他にも以下のような対処法が載っているので結構面白いです。

  • 思考のループに陥ったら何をすればいいのか
  • 怒りの感情が湧いてきたらどうする?
  • 体に痛みや違和感がある時はどうする?

米国で18年診療してきた精神科医が書いている本なのでとても説得力があります。
内容もストーリー形式でわかりやすく書かれていておもしろかったです。

マインドフルネスで頭をスッキリさせて、最高のパフォーマンスで仕事をすると人生変わるかもしれませんね!