コミュ力を上げる3つの方法を紹介!相手に好かれる話し方のポイントとは!?

コミュ力を上げる3つの方法を紹介

コミュ障という言葉をよく耳にする時代ですが、コミュニーケーションに悩みを抱えている人はきっと多いと思います。

  • 人と話すのが苦手
  • 人に嫌われてないか心配
  • 人と話が続かない
  • 無言の時間がつらい

こういったコミュニーケーションの悩みは、たった3つのポイントを意識して行動するだけで改善することができます。

今回はコミュ力を上げるための具体的な方法を3つ掘り下げて紹介をしていきます。

コミュ力とは

コミュ力とはコミュニケーション能力のことで、自分以外の相手と意思疎通を行うために行われるものです。

複数の人と気軽に雑談ができたり、初めて会う人とでも自然と会話ができる人はコミュ力が高い人と言われます。

ちなみにこの逆で人とのコミュニケーションがうまく取れない人のことをコミュ障と言ったりします。
よく、自虐的に「俺、コミュ障だからな〜」というあれのことです。

コミュニケーション3つの基本構成

コミュニケーションは掘り下げて考えると実は全く難しくはありません。

コミュニケーションは3つの基本的な構成から成り立っています。

人の話を聞く

コミュニケーションの第1歩は人の話を聞くところから始まります。

人の話をしっかり聞けない人はコミュ力が低い傾向にあります。

例えば、この記事を読んでいるあなたに質問です。

「人に興味がありますか?」

 

コミュ力が低い人の共通の特徴は「人に興味が無い」ところです。

興味が無いので当然相手の話をしっかり聞くことができません。

コミュ力を上げるためには相手に興味を持ってしっかりと相手の話を聞くところから始まります。

相手に話す

相手の話をするのもコミュニケーションでは必要です。

コミュニケーションは相手との意思疎通を行うものなので話すだけでも聞くだけでもいけません。

コミュ力が低い人の特徴は「自分のことなんて興味ないでしょ」と勝手に思い込み、前向きに自分の事を話さない傾向があります。

コミュ力を上げるためには自分の事もしっかりと話せるようになっておきましょう。

相手に質問する

コミュニケーションは相手との意思疎通を行うものなので質問ができないと正しいコミュニケーションもできません。

相手に質問ができて相手の話を聞けて初めて相手のことを理解することができ、意思疎通がしやすくなります。

コミュ力が低い人の特徴は、そもそと相手に興味が無いので質問が思い浮かばない事です。

コミュ力を上げるためには相手に興味を持つようにして質問ができるようになっておくといいです。

コミュ力が高い人の特徴

コミュ力が高い人には共通の特徴があるので真似できるところがあれば真似をしてみてください。

コミュ力が高い人の特徴

  • 活動的でいつも元気がある
  • 声が大きくてハキハキしている
  • 相手の目を見て話している
  • 相手の話の続きを聞こうとする
  • 話が長ったらしく無い
  • 質問がシンプルで分かりやすい
  • 複数人の会話では他の人に話題を振っている

コミュ力が高い人はまず活動的で元気な方が多い印象があります。

それは、自分自身に自信があるからです。

また、周りを常に見ていて複数人の会話では話をしていない人がいると話を振るなど気を配ることができます。

コミュ力を上げる3つの方法

コミュ力を上げるというと、とても多くの知識が必要と思うかもしれませんがそんなことはありません。

たった3つだけ意識して行動すればコミュ力は上がります。

1、自分に自信があると思い込む

自信を持つ

まずは、自分に自信を持つことです。

自信が無くても、自信があると思い込むこと。

先述した、コミュ力が高い人の特徴を見てもコミュ力が高い人は自分に自信を持っています。

自分に自信を持つ事で人と前向きにコミュニケーションを取ろうという気持ちになるので、まずは形から入るためにも自分に自信を持つ事を意識してみてください。

自分に自信を持つために1番効果的なのは「身なりを意識する」ことです。

見栄えの良いキレイな服を着て香水でも使ってみてください。

それだけで、自信が持てるようになります。

ちなみに女性に好印象を持たせたいならボディセンスがおすすめです。

ただし、香水はつけすぎ厳禁!

ほんのり自然に香りがする程度がおすすめです。

実は身なりを気にする事は、自信をつけるためだけではありません。

人は第一印象をとても深く記憶に刻みます。

第一印象が「キレイな服を着て、良い香りがする人だ」と思ってもらえれば相手も好印象を持ってくれます。

相手が好印象を持ってくれればコミュニーケーションも取りやすくなります。

2、相手に親近感を与えることを意識する

親近感を意識

次に大切なのは相手に親近感を与えるということです。

親近感があり、相手の懐に入るのが上手な人はコミュ力が高いです。

では、どうすれば相手に親近感を持ってもらえるのでしょうか。

表情と声を印象良く意識する

親近感を与えるためにはまず、表情と声に注目してください。

コミュ力が高い人を思い返してみると、どの人も明るい表情で高めの声じゃありませんか?

以下のポイントに注意して表情と声を作る練習をしてみてください。

練習しているうちにそれが自然にできるようになってきます。

表情と声を作るポイントは以下のとおりです。

  • 口角を上げる
  • 目は大きめに見開く
  • 声は腹式呼吸で高めを意識する

もともと、僕は声がめちゃくちゃ低いタイプの人間です。

芸能人で言えば阿部寛レベルです。

阿部寛レベルのイケメンではないので、良い印象を持ってもらうために高めの声を出す練習をしました。

そのうち無意識に高めの声で会話をすることができるようになりました。

自分の意見を通したい時とか怒ってる時は、低めの声にすぐ戻せるので使い分ける事で話を自分の思い通りの方向に持っていくこともできます。

話すスピードを遅くしてみる

話すスピードをゆっくりにするというのも効果的です。

早口だと少し攻撃性が高まります。

ゆっくりの声で穏やかに話すと相手もリラックスできて心を開きやすくなります。

僕は、やはりこれも意見を通したい重要な局面では早口で相手に思考させないように話します。

相手とコミュニーケーションを取りたいという局面ではゆっくりと穏やかに話すように意識をしています。

話す時はゆっくり話して、相手の話を聞く時には相槌を必ず打ちます。そして小さめの声で「うん、うん」って言うんです。

こうすることで相手に親近感を持ってもらいやすくなります。

自分から先に心を開く

相手に親近感を持ってもらいたいなら、自分から先に心を開く必要があります。

相手の心を開く簡単な方法は自分の失敗談を笑って話すことです。

そうすると、「この人こんな事まで私に話してくれたんだ」と無意識に感じます。

それで心を開いてくれるようになるものです。

共通点を探す

相手との共通点を探してその話を広げるようにしていけば、相手に親近感を持ってもらいやすくなります。

そのためには相手が身につけている物をよく観察したり、相手の話を良く聞く必要があります。

3、会話のキャッチボールを意識する

会話のキャッチボール

最後は会話のキャッチボールを意識することです。

これがいちばん重要でコミュニーケーション能力が低い人のほとんどが苦手としていると思います。

うまく会話のキャッチボールをするためのコツを紹介していきます。

まずは相手の話をよく聞く

会話のキャッチボールを円滑にするためにまずは、相手の話をよく聞かないとできないですよね。

全神経を相手の話に集中してください。

所々で「これってつまりこういうことですよね?」と相手の話を要約すると良いです。

自分の頭の整理にもなりますし、相手も良く話を聞いてくれているなと安心します。

5W1Hで相手の話を盛り上げる

相手が話している途中で軽めの質問をすると話が盛り上がります。

ポイントは5W1Hです。

  • それっていつの話ですか?
  • え、どこで売ってるんですか
  • その時何を買ったんですか?
  • なぜ、それが良いと思ったんですか?
  • え、それってどうやるんですか?

これはシンプルで簡単な返しですね。

この返しを相手が話している合間に入れることで話がどんどん盛り上がっていきます。

しかし、質問責めはよくありませんから程々にしてくださいね。

質問責めにしないためには相手の感情を意識するというテクニックもあります。

会話が続かない時の対処法を3つ紹介!誰とでも会話を長続きさせる方法

キーワードを掘り下げていく

相手が話している中で気になるキーワードが出てきたら、それを広げるようにしてみてください。

例えば、「こないだハワイに旅行に言ったんだよね」と言ってきたら「ハワイ」というキーワードで広げることができます。

  • ハワイは良く行くんですか?
  • ハワイにはすごくキレイなビーチがあるみたいですね。どこでしたっけ?
  • ハワイのお土産っていつもチョコレートですよね(笑)
  • ハワイで運転したことってありますか?

キーワードを1つ拾うだけでこんなに相手に話を振ることができるんです。

無言の時間を恐れない

無言の時間を恐れなくても大丈夫です。

逆に無言の時間があることで焦ってる雰囲気を出してしまうと、まだ打ち解けていない感が相手に伝わってしまいます。

無言の時間がきたら以下の3つをやってみてください。

無言の時間がきたらやる事

  • 今まで話しした情報を整理してみる
  • 過去の話をしてみる
  • 目に写ったものの話をしてみる

 

これで無言の時間をやり過ごすことができます。

焦る必要なんて全然ありません。

コミュ力の高い人を観察して真似してみよう!

本当にコミュ力を向上させたいのであれば、日常的にコミュ力の高い人を観察しておきましょう。

テレビを見ていてもとても参考になりますよ。

特にお笑い芸人のツッコミ担当の人はコミュ力が高いです。

フットボールアワーの後藤さんの話の切り返し方や突っ込み方を研究してみるのも良いですね。

良いところを見つけたらメモしておきます。

後で、それを実践したら思ったより話が盛り上がったりして楽しいですよ。

コミュ力を今すぐに上げる最速の方法

コミュ力を今すぐに上げたいのであれば今すぐ人と話す環境に身を置くようにしてください。

セミナーやワークショップに参加して知らない人と話をするのはおすすめです。

セミナーなどではほとんどの人が初対面なので、話が多少下手でもニコニコ聞いてくれるので会話の練習になります。

他にも、会社に出社したら朝に必ず誰かひとりに話しかけるというルールを作っておくのもいいですね。

とにかく、最速でコミュ力を上げるためには今すぐ人と話すことです。

何事もそうですが練習無くして成長はありません。

まずは、今すぐに人と話す習慣をつけるようにしてみてください。

今からできるコミュニケーション小技テクニック

今までコミュ力が上げる方法を紹介しましたがここでは、今すぐに使える小技テクニックを紹介します。

オウム返し

オウムという鳥は人の話した事を繰り返し喋るようになる生き物ですね。

オウムのように相手の話した事を繰り返して話すというテクニックをオウム返しと言います。

相手が話をしている中で重要だと感じたところをそっくりそのまま話すだけでいいです。

オウム返しをすることで相手に話を聞いているというアピールができるので好感を持ってもらえます。

まずは、オウム返しだけ意識してやってみてください。

きっと今までと何か変化を感じることができるはずです。

相手に上手く話ができない時の対処法

人と話をしている時に途中で自分が何を話しているのか分からなくなる時ってありませんか?

相手に上手く話ができない時は大体、詳しく話しすぎています。

長文で考えを一気に話そうとするから自分でも混乱して途中で何を話しているのか迷子になってしまうんです。

話をする時にはシンプルに結論だけ話せばいいだけです。

結論のみ話せば自然と相手が「え、何で?」と返してくれるので答えればいいです。

この相手との会話のキャッチボールこそがコミュニケーションなんです。

コミュ力を上げるのにおすすめの本

僕は元々コミュ力が高い人間ではありませんでした。

しかし、いくつかの書籍を読んでテクニックを身につけつつ実践を重ねることで徐々にコミュ力が上がってきました。

おすすめの本を紹介するのでぜひ読んで自分が使えるテクニックを集めてみてください。

会話の達人の話し方を真似したら人見知りの僕でも楽しく雑談できました。

「努力したけど話が盛り上がらなかった」「沈黙が怖い」などの悩みをマンガとイラストでわかりやすく解決してくれる本です。
全体的にコミュ障ですという方におすすめの本です。

雑談力が上がる話し方

本書はオチも結論もいらないただ雑談を楽しめるようにするテクニックが書かれている本です。
何気ない雑談ができない方におすすめの本です。

マンガでわかる! 誰とでも15分以上 会話がとぎれない! 話し方

マンガになっていてとても読み進めやすい本書は相手の気持ちに意識を向けて会話をするテクニックが書かれています。
会話が15分以上続かない方におすすめの本です。

コミュ力を上げる方法まとめ

コミュ力を向上させるために意識するポイントはたったの3つだけです。

コミュ力を上げる方法

  • 自分に自信を持つ
  • 親近感を意識する
  • 会話のキャッチボールを意識する

それぞれにいくつかのコツが含まれていましたが、シンプルに考えればこの3つだけです。

実は意外にコミュニーケーションはシンプルです。

あとは、とにかく経験を積むこと。

休日に友人と合う機会が少ないなら積極的に遊びの予定を入れてみましょう。

友達が少なければワークショップやセミナーに積極的に参加して話相手を増やしましょう。

インプットしたらアウトプットしないと自分のものになりません。

コミュ力を向上させるために今回、紹介したポイントを思い出して実践してみてくださいね!

緊張した時の汗を止める方法を紹介! 会話が続かない時の対処法を3つ紹介!誰とでも会話を長続きさせる方法 アベノミクスをわかりやすく解説!3本の矢とは一体何?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です