ロジクールM705t購入レビュー!本当に電池の持ちは良いのか試してみた結果

新しくロジクールのマラソンマウスM705tを購入したのでレビューをしたいと思います!

なぜM705tを購入したのか?

僕はMacを愛用していて付属のMagicMouseを使っていました。

これ、デザインは美しいのですが操作性が僕には正直、合わなかったんです。

僕は手が大きいのでマウスを握った時のホールド感がほしいし、物理ボタンのアクションボタンも複数欲しいと思ったのでM705tを購入することにしました。

ロジクールのM705tとは?

ロジクール社が出しているマウスで電池の持ちが売りのマウスです。
キャッチコピーとして電池寿命の良さから「マラソンマウス」と呼ばれています。

基本仕様は以下の通りです。

重さ 135g
アクションボタンの数 8個
操作可能距離 約10m
電池 単三乾電池2本
電池寿命 最大約3年
対応OS WindowsXP以降、MacOS X 10.5以降
レーザー 不可視レーザー
グリップ ソフトラバーグリップ
ホイール 高速スクロールホイール
レシーバー USB Unifyingレシーバー

ロジクールM705t購入レビュー!

これがM705tです。大きさは結構大きい方だと思います。

ロジクールM705t上から

僕の手が大きいのでホールド感があり、かなりしっくりきます。

電池寿命は本当に長いのか?

M705tの特徴は電池寿命がかなり長く3年ほどもつという所。

実際に僕がM705tを使うようになってから3年が経ちますが電池交換は1回程度です。

しかも、仕事終わりに電源を切らずに毎日つけっぱなしでいたのに電池交換は1回程度で済んでます。

電池の持ちはマラソンマウスというだけあってかなりいいですね。

毎日電源を切っていたら3年以上もっていたんじゃないかなと思います。

スクロールには2種類のモードがある

スクロールホイールの操作は2種類のモードがあって、スクロールの上にあるボタンを押すことで切り替えられます。

ロジクールM705t前からの写真

普通に「クリクリクリ」ってちょっとずつスクロールする方法と「スーーーーー」ってすごい速さでスクロールする方法の2種類があります。

ページが長いWebサイトを下まで見た時には、スクロール速度が早い方に切り替えて高速スクロールして上まで戻ることができます。

あとは、作業中にストレスがたまった時に無駄に高速スクロールしてますね。(笑)

アクション割当ボタンは全部で6つある

ボタンは全部で6つあります。スクロールのところに3つ、サイドに3つですね。

ロジクールM705t横写真

全てにアクションを割り当てることができますのでかなり便利です。

僕はスクロール部分の左右を「戻る」「進む」に割り当てているのでネットサーフィンする時に便利です。

アクションを設定するにはロジクールのコントロールセンターというソフトを入れる必要があります。

アクション設定はこんな感じの画面で行うのですが以下からダウンロードできます。

コントロールセンター

ロジクールコントロールセンターはこちら

M705tとM705mの違い

後継機にM705mというマウスがでてるのですが基本的に大差はありません。

M705tが2013年モデルなのに対してM705mが2018年モデルなのでマイナーチェンジがあっただけです。

何が変わったかというとトラッキング精度が向上してより滑らかに操作できるようになっている点です。

また、親指付近にあったアクションボタンが1つ無くなっています。

ロジクールM705tを使ってみた感想

実際にM705tを使うようになってから3年が経ちますがすっかりお気に入りの相棒となりました。

操作性の良さからこれ以上のマウスはないのでは?とも思ってます。

気に入ってるところ

  • アクションボタンが、多すぎず少なすぎずちょうど良い
  • スクロールホイールの滑らかさが気持ちい
  • ちょうどいい大きさのホールド感
  • マウス操作感度に満足

マウスパッドも同時購入!

せっかくなのでマウスパッドも同時購入!
これは会社、自宅の両方で使っているのですがかなり使いやすいです。

肌触りは少しザラザラしていて柔らかい素材ですなので細かなマウス操作でも変に滑らなくて重宝しています。

ロジクールM705tまとめ

ロジクールM705tとマウスパッド

ずっと我慢してきたMagicMouseでの操作。
なぜもっと早く変えなかったのか。。

ロジクールM705tに変えてから作業効率がかなり上がりました。

たかがマウス、されどマウスです。

操作性が良くて長期間、電池交換が不要なマウスがM705tです。