Googleアナリティクスの見方をやさしく解説!ブロガー必見!

  • Googleアナリティクスを入れてるけど、どこを見ればいいか分からない
  • ブログのアクセス数を増やしたいけど改善点が分からない
  • ブログの収益化をしたいけど何をすればいいか分からない
  • アナリティクス画面を眺めているだけで1日が終わってしまう

こんな方は、まず基本的なGoogleアナリティクスの見方を学ぶ必要がありそうです。

今回はブログを運営している初心者の方を対象に、Googleアナリティクスのどこを見ればいいのかをやさしく解説していきます。

Googleアナリティクスの見方よりも大事なこと

Googleアナリティクスはアクセス状況を確認するためのツールの1つでしかありません。

当然、Googleアナリティクスを入れたからといってアクセス数が増えるというわけではありませんね。

Googleアナリティクスの見方よりも大事なことは、ブログ運営のゴールを明確にすることです。

ブログをやっている方のゴールは人それぞれ違うと思います。

しかし、ブログ記事を書くことで広告収益を得たいと考えてる方は多いのではないでしょうか。

その場合のゴールは「広告収益を得る」ことですね。

今回は例としてブログ運営で「広告収益を得る」をゴールとして話を進めていきたいと思います。

補足
この記事はGoogleアナリティクスの見方の解説記事なので広告収益を得るための方法は書いてません。アドセンスにしろアフィリエイトにしろPV数やページ滞在時間が増えれば有利になるという考えを前提として見ていただければと思います!

何が知りたいのかを考えよう!

ゴールが決まったところで、そのゴールを達成するためにはどうすればいいのでしょうか。

「広告収益を得る」ではちょっと漠然としてますよね。

そこで、広告収益を得るためには何がどうなればいいのかを考えます。

例えば、以下のような仮説が考えられます。

  • アクセス数が増えれば広告収益を得られる
  • ページ滞在時間が長ければ広告収益を得られる
  • 直帰率が低ければ広告収益を得られる

この「仮説を考えること」がアクセス解析をする上で一番重要になってきます。

正直、Googleアナリティクスで○○の情報を見るなんてことはちょっと調べればすぐに分かります。

Googleアナリティクスの見方よりも大事なことは、ゴールを明確にして何の数値がどうなればゴールにたどり着けるのかを考えることなんです。

ブロガーが見ておくべきアナリティクスデータとは?

それでは、考えた仮説を元にGoogleアナリティクスのデータを見ていきましょう。

初心者ブロガーさんはだいたい以下の数値を見ておけばいいでしょう。

  • PV数
  • 平均ページ滞在時間
  • 直帰率
  • ユーザー数
  • ページ閲覧の時間帯

専門的な言葉が出てきたので1つずつ、言葉の意味も合わせて説明していきますね。

PV数(ページビュー数)

PV数とはページビュー数の略でページを閲覧した回数のことです。

3ページ見てれば3PVですし、5ページ見てれば5PVです。

Aさんが2ページ見てて、Bさんが3ページ見てる場合は合計で5PVとなります。

ブログ全体のPV数はアナリティクスメニューの「行動 > 概要」をクリックすることで閲覧が可能です。

PV数

ページ別のPV数が見たければ「行動 > サイトコンテンツ > すべてのページ」で閲覧できます。

しかし、この状態ではページタイトルではなくページのパスが表示されてしまってます。

下図の緑矢印のとこにある「ページタイトル」をクリックして切り替えれば表示が切り替わって見やすくなります。

PV数

これで何のページがいちばん見られているかがわかりますね。

そしたら、このページの何が良くて見られているのかを考えてみましょう。

人気コンテンツを増やしていくことでブログ全体のPV数もどんどん増えていくはずです。

ページを見られている数が増えれば増えるほど広告をクリックしてもらえる確立も上がるので広告収益増加につながるかもしれませんね。

平均ページ滞在時間

そのページを開いている平均的な時間のことです。

例えば、平均ページ滞在時間が5秒とかになっているとページを開いてすぐに離脱されてしまっているので問題があります。

逆に平均ページ滞在時間が5分とか10分とかになっていればしっかりと記事の内容を読んでくれているということになります。

見方はPV数と同じ方法です。
実はPV数を確認する画面と同じとこで平均ページ滞在時間を確認することができます。

もちろんページ別の平均ページ滞在時間もPV数と同じ画面で閲覧可能です。

平均ページ滞在時間

平均ページ滞在時間が極端に短い場合はコンテンツに価値がないと判断されている可能性があります。

記事内容を見直してユーザーにとって価値のある記事を目指して丁寧に書き直してみましょう!

直帰率

直帰率とはユーザーがサイトを訪れたけど、そのページだけ見て帰ってしまった時の割合を示したものです。

実は検索流入の場合は直帰率が高めになる傾向があります。

知りたいことを検索して記事を見て、満足するからその場で終わってしまうんですよね。

直帰率が高い時には関連記事を見せてあげたりしてサイト内を回遊してもらう工夫が必要になってきます。

見方はこれまたPV数と同じ方法です。

直帰率
補足

PV数や平均ページ滞在時間は増加したほうが良かったのですが、直帰率については減少したほうが良いというところがちょっと戸惑うかもしれません。
直帰率が低い=すぐに帰らないでいてくれてるということですからね。

ユーザー数

ユーザーの数のことです。ブログを見てくれている人のことですね。

ユーザー数を見たい時は「ユーザー > 概要」をクリックすることで閲覧できます。

週ごとや月ごとでユーザー数をスプレッドシートやエクセルに記録していけば、ユーザー増減の推移を確認することができますね!

ユーザー数

僕がブログを始めた月は月間で69人の方が見てくれていました。

今ではやっと月に2,300人程の方がブログを見てくれるようになりました。

どのくらいの人数がブログを見てくれているのかはモチベーション向上にもなりますね。

ユーザー数はブログを継続して行くにつれて増加していくので記事作成の継続を頑張ってみてくださいね!

ページ閲覧の時間帯

これは説明なしでも分かりますね。言葉の通りで何時くらいにブログが見られているのかを確認することができます。

これにより、例えばツイッターで記事更新のお知らせをするなら何時くらいにツイートすればいいのかなど戦略を立てられるようになるというわけです。

見方はGoogleアナリティクスメニューの「ホーム」をクリックします。

すると「ユーザーが訪れる時間帯はいつですか?」という項目で時間別のユーザー数を確認することができます。

マウスカーソルを当てるとユーザ数を確認することができます。

色が濃いほど、多くの人が見てくれているということになります。

時間帯

まとめ

Googleアナリティクスは目的を達成するための1つのツールでしかありません。

大事なのはゴールをどこに置いて、そのゴールに到達するには何の数値をどうすれば良いのかを考えることです。

ブログを運営していく上で最低限見ておいたほうが良い数値を紹介しましたので、ぜひ今後の改善に役立ててみてくださいね!