【Googleアナリティクス】カスタムレポートの使い方を解説!初心者必見!

  • Googleアナリティクスを使っているけど、カスタムレポートは触ったことがない。
  • 実は、カスタムレポートで何ができるのかよく分からない

こんなGoogleアナリティクス初心者の方に向けてカスタムレポートの使い方を解説します。

カスタムレポートを使いこなして効率的にサイト改善に必要なデータを取得しましょう!

カスタムレポートとは?

Googleアナリティクスでは様々な絞込みができますよね。

  • 直帰率の高いページが知りたい
  • ページを見られている曜日や時間帯を知りたい
  • ページ滞在時間が長いページを知りたい
  • スマホからのPV数が知りたい

このようなデータはディメンションを駆使していけば確認することができます。

しかし、定期的に数値記録を行っている場合、毎回ディメンションの設定をして確認していくのはかなり面倒ですよね。

そんな時にカスタムレポートを使えば、設定したディメンションなどの設定が保存できてしまいます。

一度、設定さえしてしまえば対象のカスタムレポートを見に行くだけで、すぐにデータを確認することができます。

カスタムレポートの設定方法

カスタムレポートで何ができるのかが分かったと思うので、次は設定方法を解説していきますね!

まずは、「何のデータを取得したいのか」を詳細に考えます。
ここでは、簡単な例として「直帰率の高いページが知りたい」にしておきましょう。

まずはGoogleアナリティクス管理画面のカスタムレポート画面を開いて「新しいカスタムレポート」をクリックします。

新しいカスタムレポート

設定画面が開くので以下キャプチャの3点を設定していきます。
まずは1番のタイトルを入れて下さい。
タイトルの入力が済んだら2番と3番を設定していきます。

タイトル、指標、ディメンションの設定

2番は「指標を追加」と書かれてますね。
今回は直帰率が知りたいので指標は「直帰率」となります。

3番は「ディメンション」と書かれてますね。
直帰率を知りたいのは良いけど何の直帰率?というのを設定するのがディメンションです。
今回は直帰率の高い「ページ」が知りたいのでここは「ページタイトル」を選択しておきます。

直帰率とページタイトルの設定

設定ができたら最後に画面いちばん下の保存ボタンを押します。
そうするとカスタムレポートが反映された画面が表示されます。

保存をクリック

カスタムレポートの設定は外部読み込みできる

実は、カスタムレポートの設定は外部から読み込みをすることができます。

しかも世の中のGoogleアナリティクスに詳しい方々が丁寧に、カスタムレポートの設定を共有してくれてるんですよね。

それを読み込みさえすれば、簡単に重要なデータをカスタムレポートとして保存しておくことができます。

それでは、早速ですが共有されているカスタムレポートの設定を読み込んでみましょう。

まずは例としてSEOラボさんが公開している以下のカスタムレポートを読み込んでみましょう。

・リピート分析レポート
ユーザータイプごと(New Visitor [新規ユーザー]、Returning Visitor [リピーターユーザー])のアクセス状況が確認できるカスタムレポートです。
カスタムレポートの作成または編集画面で、「ディメンションの詳細」から[ユーザータイプ]を選択します。
テンプレートのリンク:
https://analytics.google.com/analytics/web/template?uid=oLNv_aHQSByLRT1sDTiH1w

引用:SEOラボ

Googleアナリティクスにログインしている状態で、上記のURLリンクをクリックしてみてください。

そうすると、以下のような画面になると思います。

カスタムレポート読み込み

ビューを選択で対象のサイトのビューを選んで作成ボタンを押すだけです。

作成ボタンを押すと無事にカスタムレポートの画面が表示されました。

次回からはメニューのカスタムレポートからアクセスできるようになります。

カスタムレポートメニュー

外部読み込みではなく自分で設定したほうがいい理由

カスタムレポートの設定は外部から読み込むことができるというお話をしました。

しかし、個人的には簡単にカスタムレポートの外部読み込みはしないほうがいいと思ってます。

特に大きな問題があるというわけではないのですが、単純にどういうデータを取得したいのかを考えるのも仕事のうちかなと思います。

Googleアナリティクスの解析で一番大切なのがこれ

「何を改善したいから、何のデータを取得する必要があるのかを考える」

カスタムレポートの外部読み込みをしてしまうと結局、データを眺めるだけになってしまう気がするんですよね。

もちろん、このことが分かってる人は効率化になるので外部読み込みをしてもいいと思います。

しかし、Googleアナリティクス解析の経歴が浅い初心者の方は、なるべく自分の頭で考えて設定をしたほうが成長につながると思います。

まとめ

今回は初心者向けにカスタムレポートの使い方の解説を行いました。

きっと、今までカスタムレポートって何なんだと思ってた人はスッキリしたはず。。

明日から同僚にドヤ顔してもいいですよ(笑)

それでは、今回は以上となります。