連結したベッドの隙間を埋める方法を紹介!ベッド2台を1台として使おう!

ベッド2台を連結して使っている家庭で、子供と一緒にベッドで寝ようと思った時にまず最初に問題になるのがベッドの隙間です。

我が家は専用の隙間パッドをはめることで解決したのでその方法を紹介します。

連結したベッドの隙間に子供の手や足が挟まる問題

僕と妻は無印良品で買った足つきマットレスのベッドを2つ連結させて寝ています。

大きさはセミダブルとシングルサイズです。

ベッドを2つ連結させているので当然その間には隙間ができます。

試しに一緒に寝てみると子供の細い手がベッドの隙間に挟まるわけです。

挟まるだけなら良いですが、そのまま倒れ込んだりしたら骨折の恐れがあります。

そこでベッドの隙間を埋めるために専用の隙間パッドを使ってみることにしました。

連結したベッドの隙間を埋める方法

ベッドの隙間を埋めるために購入したのはkurevyというブランドの隙間パッドです。

Amazonで4,500円で買えました。

ただの隙間パッドなので簡易包装かなと思いきや、かなりしっかりとした箱に入って届きました。

kurevyの箱

箱に高級感があるとなんだか安心できますね。

プレゼントにしてもいいぐらいしっかりとした梱包です。

同梱物は以下の通り。

kurevyの同梱物

  • 説明書
  • マットレスバンド
  • 隙間パッド

kurevyの同梱物

余計なものが入っていなくていいですね。

同梱されてるマットレスバンドは何に使うの?

マットレスバンド

隙間パッドと一緒にマットレスバンドが入っていました。

これは連結した2つのベッドを固定するためのものです。

隙間パッドを挟んだだけでは、いずれ浮いてきてしまいます。

隙間パッドが簡単に外れないように、このバンドで2つのベッドを一括りに固定してギュッと隙間パッドを挟み込むわけです。

隙間パッドの取り付けは1人で出来る?

kurevyの説明書

隙間パッドの取り付けはわかりやすい説明書付きなので、1人でもできそうですが大変だと思います。

うちは妻と2人で協力して取り付けました。
特にマットレスバンドの取り付けはベッドを一周させなければいけないので2人いると楽です。

隙間パッドのウレタンの匂いはどう?

隙間パッドのウレタン

隙間パッドはウレタンで出来ていますがウレタン特有の匂いは特に気になりませんでした。

購入したその日に7ヶ月の子供を寝かせましたが、機嫌が悪くなることもなくぐっすり寝てくれました。

ちなみにこのウレタンは日本国内でホルムアルデヒド検査をクリアしているものなので子供も安心して寝かせることができます。

隙間パッドが落ちたり浮いたりしないの?

マットレスバンドで固定

隙間パッドはしっかりとマットレスバンドで固定されているので落ちたり、浮いたりはしてきませんでした。

子供を寝かせる時には隙間パッドの上にタオルと防水シーツをのせてるので直接触る事がないのも隙間パッドが動かないポイントかもしれません。

ちなみに隙間パッドは洗えないので防水シーツとタオルは被せておいた方がいいですよ!

ベッドを2つ連結させたら1つの巨大なベッドになった

隙間パッド設置

kurevyの隙間パッドはかなりしっかりしていて大人が上から寝ても違和感が全くありませんでした。

隙間パッドの幅も20cmあるので安定感はかなりあります。

セミダブルとシングルのベッドが隙間パッドを挟むだけで1つの大きなベッドになりました。

ベッド2台を連結させて使うメリット

我が家ではわざわざベッド2台を連結させて利用していますがそれには理由があります。

ベッド2台を連結させて使うメリット

  • 人の動きが気にならない
  • 子供を間に寝かせられて落下の危険性が少ない
  • 子供が大きくなった時にベッドを分けられる

例えば、1つのキングサイズのベッドを利用した場合は妻の寝返りによる振動がダイレクトに伝わってきて気になってしまいます。

しかし、ベッド2台を連結させて使えばもともと別のベッドなので振動はほぼ伝わってこないので快適に熟睡できます。

また、子供を間に寝かせるようにすれば両サイドに親がいるので子供が落下する危険性も少ないです。

子供が大きくなって一人で寝れるようになったときはベッドを2つに分けることもできて柔軟性があります。

ベッドで眠る時に人の動きが気になってしまう方はベッド2台を連結させて隙間を埋める方法をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です