マストドン始めてみたいけどツイッターと何が違うの?ツイッターとの3つの違い

マストドン始めてみたいけどツイッターと何が違うの?ツイッターとの違いまとめ




最近話題となっている新しいSNSマストドン。

ツイッターに似ているマストドンですが一体ツイッターと何が違うのでしょうか。

今回はマストドンとは何か?ツイッターと何が違うのかを紹介します。

マストドンとツイッターの違い

マストドンはドイツ在住の24歳が開発した新しいSNSです。

基本的にはツイッターと似ているのですがもちろんマストドンには特徴があります。

1、500文字まで投稿できる

マストドン管理画面

ツイッターが1ツイートあたり140文字を投稿できるのですがマストドンでは500文字を投稿することができます。

なのでちょっとした日記なんかも書けてしまいますね。

しかし、今のところ500文字も書いているユーザーはそんなにいないです。

使い方としてツイッターと同じように短い文章をつぶやいている方が多いですね。

マストドンでは投稿することをツイートではなく「トゥート」と言います。

リツイートは「ブースト」と言います。

みなさんがトゥートしているのを見ているとツイッターよりも気軽に思ったことをつぶやきまくっているという印象です。

ちなみに投稿は「続きを見る」のように折りたたむこともできます。

また、不適切に感じるなと思う画像についてはクリックしないと見れないように設定することもできます。

pixivなんかはセクシーなイラストを投稿する際にこの設定を使っている方がいますね。

2、誰でもインスタンスを作ることができる

マストドンはツイッターと違い分散型SNSと言われており、誰でもマストドンインスタンスを作ることができます。

ところでインスタンスとは何のことでしょうか。

ツイッターの場合はツイッターを運営している会社1社がツイッターサービスを運営していますよね。

マストドンは誰でもマストドンを利用したSNSサービスを立ち上げることができるんです。

例えば既にマストドンインスタンスを作っているPixivは「pawoo.net」というマストドンを利用したSNSを立ち上げています。

同じくドワンゴは「friends.nico」というSNSを立ち上げています。

ドメインが違うのでお気づきかもしれませんが、もちろん登録画面も別ですのでPixivのマストドンに登録すればPixivが運営しているマストドンを利用できるようになります。

このように誰でもツイッターライクなSNSを立ち上げることができるようにしたのがマストドンなんです。

3、フォローしなくてもインスタンスにいる全員のつぶやきが見れる

Pawoo.net

試しにpawoo.netに登録してみました。

タイムラインは「ローカルタイムライン」「連合タイムライン」があります。

ローカルタイムラインではpawoo.netに登録している全ユーザーの投稿が見れます。

なのですごい勢いでタイムラインが更新されていきます。

連合タイムラインではpawoo.netに登録しているユーザーが他のマストドンインスタンスの人をフォローしている場合そのフォロー先のユーザーの投稿が流れてきます。

実はリモートフォローといって他のマストドンインスタンスのユーザーをフォローすることもできるんです。

例えば、pawoo.netに登録していてもfriends.nicoのユーザーをフォローできるということです。

このように大きく2つのタイムラインが存在していてフォローしなくてもたくさんのユーザーの投稿を見ることができます。

その中で気になる投稿を見つければフォローすることができて「ホームタイムライン」フォローした人の投稿と自分の投稿を見ることができます。

まとめ

いかがでしょうか。

ざっとツイッターとの大きな違いはこんなところです。

まだまだ出たばかりのサービスなのでユーザーも企業側も模索中といったところでしょうか。

試しに有名なpawoo.netにでも登録してみてはいかがでしょうか。

今後のマストドンの発展が楽しみです。