WordPress構築のためにMacでXAMPPをインストールしてみた




WordPress構築で欠かせないのがXAMPPです。

XAMPPとはサーバ契約をしなくても自分のPC上でWordpressのインストールから実際に動かすとこまで出来ちゃうとても便利なものです。

だからWordpress構築する際はXAMPPが必要なんです。

ちなみに「ザンプ」と呼びます。

XAMPPのインストール方法

それでは実際にインストールをしてみましょう。

まずは以下のサイトからXAMPPをダウンロードします。

Apache Friends

img160830_12

ダウンロードはWindows向けLinux向けOSX向けとありますので自分の環境のものをダウンロードしてください。

ダウンロードしたらそのファイルを実行します。
すると以下のような画面が表示されます。

img160830_02

セットアップ画面ですね。
英語ですが基本的にこっから全部Next押しておけば大丈夫ですwww

img160830_03

コアファイルと開発者用のファイルを選択できるみたいですがよくわからないのでとりあえずこのままNEXT!

img160830_04

インストール先を確認します。

img160830_05

WordPressとじか海外のCMSを簡単にインストールできるみたいですね。
まぁこれはチェック外しておいてもいいかもしれません。

img160830_06

インストール開始します!

img160830_07

インストール始まりましたね!

img160830_08

インストール完了です!
Launch XAMPPですぐにXAMPPを起動します!

img160830_09

はい!こんな管理画面が開きましたね!

img160830_10

上のタブのManege Serversとクリックしてみてください。
ここで何が起動しているのかが見れます。
上の例では今、Apache サーバーが起動しているのでhttp://localhostにアクセスしてみるとちゃんとテストページみたいなものが表示されます。

img160830_11

こんな感じ!

まとめ

これでインストールができましたね!
インストール自体はあっという間で簡単です。
XAMPPがあればPHPのプログラムを練習で書いた時にサーバーをわざわざ契約しなくれもテストできるのでかなり便利なんですよ。
あとはXAMPPの初期設定をやってWordpressをインストールするだけですね!
その方法は次回に回します〜