スマホ検索結果に出てくる雷マークのAMPとは一体何か?

スマホ検索結果に出てくる雷マークのAMPとは一体何か?




最近よく目にするようになったのですがスマホで検索した時にAMPという文字と雷マークが一緒に表示されるものがあります。

これって一体何なのかと調べてみたらGoogleとTwitterが共同開発していたAMPというサイトを高速表示させるものでした。

今回はこのAMPについて説明していきます。

AMPとは?

Accelerated Mobile PagesといってGoogleとTwitterが共同開発したモバイルページを高速表示させるためのものです。

実際に検索してみるとわかりやすいです。

例えば「エキサイト」とスマホで検索してみてください。

そうすると検索結果の一番上に大きく記事がスライドできるように表示されると思います。

クリックしてみると待ち時間がほぼ無しで高速にページが表示されます。

これがAMP対応したページとなります。

AMPの仕組みは?

遷移先のURLを見てみるとwww.google.~~~.amp.htmlとなっているのがわかります。

AMP対応するにはAMP専用のHTMLを作成してGoogleにキャッシュさせる必要があります。

Googleはこのキャッシュされたページをユーザーに提供することで高速にページを表示させているんです。

AMPのメリットは?

AMP対応したサイトは検索結果の上の方にカルーセル表示されるのでユーザーの目に止まりやすくなります。

ページが高速で表示されるのもユーザーにとって大きなメリットですね。

AMPのデメリットは?

AMP専用のHTML記述が必要なことやJavascriptが使えなくなるということです。

Javascriptが使えなくなるのでJSをたくさん使っているサイトはAMP対応が厳しいですね。

どう設定するの?

ではどうやってAMP対応すればいいのでしょうか。

これは以下のサイトにやり方が載っています。

初めてのAMPページを作成する

AMP対応したのはいいけどちゃんと設定できているのか不安ですよね。

そんなときは以下のサイトでAMP対応できているかどうかのチェックができます。

AMPテスト

WordPressでプラグインはでているの?

既に出ていました。

プラグイン名もシンプルにAMP!

ただし、実際にインストールした人の記事を見ているとかなりのバリデーションエラーが出るみたいですね。

時間があるなら自分で対応したほうが良さそうです。

プラグインのアップデートでバリデーションエラーがでなくなればバンバンザイなんですがね。

まとめ

AMPの対応でページ表示が高速化されるのでユーザビリティが向上します。

ページの読み込みに3秒以上かかると40%以上の人がページの閲覧を諦めるという調査結果もでていますのでAMP対応はユーザビリティ向上のためにとても有効な手段だと言えます。

SEOとしてはどうなのかというとそんなに影響はないみたいです。

AMP対応しているから検索順位が上がるということはありません。

ただし、ページの表示速度はSEO的に有効ということはGoogleも言っています。

AMP対応しているページは検索結果にカルーセル表示されるのでユーザーの目に止まりやすくなります。

この辺をみるとブログや記事を定期的に公開しているメディアなんかは対応しておいて損はないですね。

中小企業のコーポレートサイトなんかはAMP対応しても現時点では意味がないです。

AMPは現時点では「記事コンテンツ」と「動画」がサポート対象となっています。

以上AMPの説明でした〜