【サイト運営者必読!】ペンギンアップデート、パンダアップデートとは?

【サイト運営者必読!】ペンギンアップデート、パンダアップデートとは?




サイト運営者にとって一番気になるのが、検索順位ですよね。
検索順位を上げるためにSEO対策をみなさんやられていることと思います。

検索といえばGoogleです。
ところでGoogleの検索ってどういう仕組みか知っていますか?
今回は、検索アルゴリズムとは何か?からペンギンアップデート、パンダアップデートまで検索に関する基本的な知識を説明します!

検索アルゴリズムとは?

Google独自の検索エンジンがありますよね。
検索エンジンは世界中の人がキーワード検索した時に、その人の求めているウェブサイトを いち早くランキング形式で表示させなければなりません。

それはより効率的に、正確に表示させる必要があります。

そこで出てくるのが検索アルゴリズム。
これはユーザーが求めている情報をより効率的に正確に提示するための計算方法なんです。

検索アルゴリズムは200以上の要素で構成されています。
この検索アルゴリズムは日々改善がされていてGoogleから検索アルゴリズムアップデートのお知らせがされます。

それがペンギンアップデート、パンダアップデートと言われているものなんです。

なぜ、みんなこのアップデートで焦るのか?
それはこのアップデートをきっかけに検索ランキングの計算方法が変わって急に自分のサイトがランキング下位になってしまう可能性もあるからです。

Yahooの検索アルゴリズムは何なの?

検索で有名なのがYahooですよねYahooの検索アルゴリズムは実はGoogleのものを採用しているんです。

2010年にYahooがGoogleの検索技術を採用すると発表しています。

だから基本的にGoogle検索アルゴリズムのアップデートだけ対策をしておけばいいんです。

でも、なぜYahooとGoogleで同じキーワードを検索すると違う検索結果が出るの?と思いませんか?

Yahooの検索結果はGoogleのアルゴリズムを基本として独自の要素も加えているんです。
具体的には以下のサービスが関係してきます。

  • Yahoo!ニュース
  • Yahoo!地図
  • Yahoo!ショッピング
  • Yahoo!知恵袋
  • ヤフオク
  • Naverまとめ

だから検索結果が全く同じではないんです。

ペンギンアップデートとは?

Google検索アルゴリズムのアップデートの1つです。
具体的には「Google検索アルゴリズムの抜け道のような手法を使って検索結果を意図的に上げようとするブラックハットSEOを除外するためのアップデート」です。

初めてペンギンアップデートがされたのが2012年4月です。
その後も定期的にアップデートが続けられ2016年にはコアアルゴリズムに統合されました。

ペンギンアップデートの影響が出るサイトとは?

以下のようなサイトは引っかかりますので改善をしておいた方がいいでしょう。

  • SEO目的の無意味な相互リンクをしまくってるサイト
  • コンテンツ自動生成ツールで作られたサイト
  • SEO目的で隠しテキストやリンクを設置しているサイト
  • 電話番号や市区町村のキーワードをありったけ羅列しているサイト

パンダアップデートとは?

こちらも、ペンギンアップデート同様でGoogle検索アルゴリズムのアップデートの1つです。
具体的には「低品質なコンテンツを検索上位に表示されにくくするためのアップデート」です。

初めてパンダアップデートが日本でされたのは2012年7月です。
こちらも継続的なアップデートが繰り返され2016年にはコアアルゴリズムに統合されています。

パンダアップデートで影響が出るサイトとは?

以下のようなコンテンツを提供しているサイトは改善をしておいてください。

  • 他サイトからの引用ばかりのサイト
  • 専門性の低いコンテンツがあるサイト
  • コンテンツに対して広告がたくさん貼ってあるサイト
  • SNSで共有されていないサイト

Google検索アルゴリズムのアップデート情報はどこでチェックすればいいの?

ペンギンアップデートやパンダアップデートの他にもいろんなアップデートがされています。

さて、このアップデート情報どこで手に入れればいいのでしょうか。

Googleはウェブマスター向けの情報発信ブログを公開しています。
ここをチェックしておけば重要なアップデートは見逃さないでしょう。

あと、Gary Illyesさんのツイートもチェックしておいた方がいいでしょう。

まとめ

ペンギンアップデート、パンダアップデートについて紹介させていただきました。
先日、気づいたのですがこの2つの動物の共有点「白黒ですね!」関係ないでしょうか(笑)

自分でサイトを運営している方はこういった検索アルゴリズムのアップデートは理解しておいた方がいいですよ。

まぁペンギンアップデート、パンダアップデートに共通することは一言でいうと
「ユーザー(検索している人)の役に立つウェブサイト作ってね!」ってことです。

自分が調べたいことについて調べているのに全然役に立たない情報が載っているサイトばかりが検索結果に出てきたら困りますよね。

Googleは本気でユーザーのためのウェブ検索を考えてくれているんですね!