会社員とフリーランスの違いとこれからの働き方について

会社員とフリーランスの違い




今、フリーランスという働き方が注目されていますよね。

世の中にはクラウドワークスやランサーズといったフリーランスに仕事を頼めるサービスも出てきました。
最近では、ココナラという「得意を売り買い」できるサービスも出てきました。

フリーランスとして働くことがそこまで難しくない世の中になった今、このまま会社員を続けるかフリーランスとして自由な生き方を選択するか迷っている方に向けてこれからの働き方についてお話ししていきたいと思います。

会社員とフリーランスの違いとは?

それでは会社員とフリーランスの違いについてみていきましょう。

会社員の場合

まず会社員ですが基本的には「仕事」「給料」「安定」を与えてもらう代わりに時間を拘束されるものとなります。
朝の9:00から夜の18:00まで会社にいる必要があります。
しかし、多くの会社員は18:00には帰れてないのが現状だと思うので、大体19:00から20:00頃まで会社にいる方も多いのではないでしょうか。

時間は拘束されますが社会的な信用がありローンが組みやすいというメリットがあります。
また、有給休暇を使えばお金をもらいながら休むことができるのも嬉しいです。

フリーランスの場合

フリーランスはとにかく自由です。どこで働いても誰にも文句は言われません。
ヘッドホンつけながら半裸で仕事してても大丈夫です。

その代わり社会的な信用はありませんのでまずローンは組みずらいです。
また、いつ収入が止まるかわからない恐怖心があるので自分で仕事を作る能力も必要ですしクライアントからは成果を求められます。

簡潔にまとめると

会社員 誰かに「仕事」「お金」「安定」を与えてもらう代わりに
「時間」を提供する時間労働者
フリーランス 自分で仕事を作り自由に働くプロの個人
ただし成果を求められる

 

人それぞれ、向き不向きがあると思いますがあなたはどちらが向いているのでしょうか。

なぜフリーランスと会社員で迷うのかその理由が大事

この記事を読んで頂いている方はフリーランスとして生きるか、会社員として生きるか迷っていると思います。
僕が思うにそもそもなぜその悩みが出たのかが重要です。

もし、会社員がつらいからという理由であればフリーランスとして生きるという選択はただの逃げであり成功しないと思います。
もし、フリーランスになったとしてもつらいことがあった時にまた逃げる羽目に会うのではないでしょうか。

ただし!この記事を読んで頂いている方はそうではないはず!
何かしらの能力があり個人として生きるスキルを持っている方が多いのではないでしょうか。

こういったスキルを持っている人がフリーランスになる理由としては以下のようなものが挙げられます。

  • 通勤時間が勿体無い
  • 家族との時間を取りたい
  • 出世の為の気遣いや接待に嫌気がさしている
  • 地方で生活に必要な分だけ稼ぐ自由な働き方がしたい
  • 自分のスキルであればもっと稼げるはず

このように個人として生きる能力を持っていて、フリーランスになる理由と目的がしっかりしていればもう迷う必要はなくフリーランスになってしまえばいいと思います。
どうしようかな、心配だなと迷っていてはいつまでたってもフリーランスになれず気づいたら年老いて「まぁ会社員でもいいかな」と思い始めてしまいます。動くなら今です!

10年後の日本の働き方はどうなってるだろう

10年後の未来なんてどうなるかわかりません。どうなるかわからないからこそフリーランスとして個人で稼ぐ能力を磨いておいた方が良いのではないでしょうか。

今のうちから個人で稼ぐ能力を身につけていれば将来、会社員という考え方がもしなくなった場合や災害などで東京で働くことができない状況になったとしても安心できます。

ちょっと前までは終身雇用は当たり前だったのに今ではそんなものは崩壊しています。
まさに将来なんてどうなるかわからないんです。

フリーランスを支えるツールが今はたくさんある

最近、モバイルボヘミアンという本を読んだのですがこれには今はMacbookとiPhoneがあればどこででも仕事ができると紹介されています。

メモを取るならEvernoteがあるし遠方の人と話すにはSkypeがあります。
プロジェクトでのこまめな連絡にはSlackやチャットワークがあるなど今はどこでも自由に働ける時代なんです。

この本を書いている本田直之さんと四角大輔さんはそれぞれハワイとニュージーランドで1年の大半を過ごしながら、たまに東京に来て仕事をするという自由な働き方をしています。

本当に今の時代は好きなところで好きに働くことがやりやすい時代なんです。

フリーランスに興味があるならまずは行動を

フリーランスに求められるのは行動力です。
すぐに行動できるというところがフリーランスの強みでもあるので行動力は必須能力です。

もし、フリーランスという働き方に興味があるのであればクラウドソーシングのサービスにまずは登録してみてはいかがでしょうか。

会社員でありながら休みの日に簡単なタスクを1つこなすだけで随分と自信になります。

ランサーズ

日本で一番有名なクラウドソーシングです。
WEB系の案件からライター系の案件まで様々な案件を取り扱っています。
THE LANCERというメディアも運営してるのでフリーランスの生き方について情報を得るのにもよさそうです。

サグーワークス

ライティングに特化したクラウドソーシングです。
ライティングの能力によって案件が選べるのでライティング能力に自身のない方でも大丈夫です。
また、文字単価が高いので他のクラウドソーシングでライティングを受けるよりもこっちのほうが稼げるかもしれません。

ココナラ

TVCMでも今話題になっていますが自分の得意な事を500円から出品できます。
自分の得意を活かして誰かの悩みを解決すればいいのでお小遣い稼ぎにおすすめです。
恋愛のお悩み相談など本当に簡単なものでも結構いけるみたいなのでまずはこれから始めてみると稼ぐ喜びと自信が得られます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

もし、会社員とフリーランスで悩んでいるのであれば、なぜフリーランスになりたいのかを今一度、考えてみましょう。
また個人のプロとしてどんなことができるのかセルフブランディングをすることも必要でしょう。

自由な働き方、自由な生活が実現するといいですね!

ちなみにモバイルボヘミアンでは以下のようなことが書かれています。

  • 会社を辞める前に自分が生活するのに必要なお金を計算する
  • 複数の小口収入源をもつ
  • 好きな事、得意な事の組み合わせが個人のオリジナリティになる
  • フォロワー1万人でセルフメディアと呼べる影響力を持てる
  • カルビーでは事実上、在宅勤務OKになった

フリーランスとして自由な働き方がしたいと考えてる方にはおすすめの本です。