すぐに行動に移すための5秒ルールをご存知ですか?

すぐに行動に移す




皆さんは本当はやらなければいけないのに、よくよく考えると「別にやらなくてもいいや」と思ってしまう事はありませんか?

しかし、これができるかどうかで周りとずいぶん差がつくものです。

今回はすぐに行動できる人になるための5秒ルールを紹介したいと思います。

なかなか行動できない日常

「あ〜面倒くさい」

こんな口癖を持っている人がこの世界に何万人いるのでしょうか。

食器洗うの面倒くさいですよね。
ブログ書くの面倒くさいですよね。
家の掃除面倒くさいですよね。
仕事でのデータ集計するの面倒くさいですよね。

これらマジで面倒くさいんです。
もうこれは紛れも無い事実です。
でもこれを放置しているとどうなるか知ってますか?

もっと面倒くさい状況に陥ります。
食器洗うのを先延ばしにするとシンクにどんどん食器が溜まっていき更に洗うのが面倒くさくなります。

ブログ書くのを先延ばしにするとアクセス数が増えないので慌てて土日に何記事も書く羽目になり燃え尽きます。

このようにすぐに行動しないで先延ばしにするともっと面倒くさい状況になるんです。

まじで嫌ですよね。「そんなことになるなら最初からやっておけばよかった」と後悔した経験を持ってる人は結構いるんじゃないでしょうか。

それではなぜすぐに行動できないのでしょうか。

なぜすぐに行動できないのか

人は何かをする時に好きな事じゃないと言い訳を考えてしまいます。

「今、食器洗わなくても誰かが洗ってくれるだろう」とか「ブログは今書かなくてもお金に困ることはないからまた今度にしよう」と言い訳を考えてしまい最終的に楽な状況を選択するようになっています。

自分の脳がそうさせているんです。

すぐ行動できない人に夢は掴めない

すぐに行動に移せない人は絶対に成功しません。

自分が楽な状況を常に作り出していて成功できるはずもありませんね。

僕の経験上、実績を出している人や企業の社長などいろんな人に会ってきましたが、みんなすぐに行動する人でした。

しかも行動の速さが尋常じゃない。

まずはすぐに行動して走りながら軌道修正していきます。

特にIT業界なんかはすごく流れが速いので行動が速い人が多いように感じます。

恐ろしいのは行動しなかったことによる罪悪感

行動しなかったことによって一番恐ろしいのはその後にやってくる罪悪感です。

あ〜あの時やっておけばよかった。
もっと早くやっておけばよかった。
なんであの時すぐに行動に移さなかったのか。

行動しなかったことによって引き起こされる罪悪感は自分をネガティブにさせます。

逆にいうとすぐに行動すればとてもポジティブな気持ちになります。

「あ!意外にやってみたらすぐに終わったじゃん!次は何やろうかな!」といった具合にポジティブになりやるべきこともできるので少しずつ成長できるんですよね。

どうすればすぐに行動できるようになるのか

すぐに行動できるようになるためには、やろうと思った後5秒以内に動くことです。

人間の脳は5秒後に言い訳を考えだすようになっています。

5秒以内であれば言い訳がまだ出てきていないので行動を妨げる思考がなくすぐに行動できるようになります。

5秒が勝負です。5秒たってしまうと「後でいいや」となってしまいます。

僕はいつも5秒以内に行動するようにしていますが、それでも動けない時は「これを先延ばしにしたら夢は掴めない」と思うようにしています。

こうすることで僕はすぐに行動できるようになりました。

まとめ

いかがだったでしょうか。

もし、やらなければいけないことがあるのにいつも先延ばしにしてしまうという方がいたら是非、この5秒ルールを試してみてくださいね!

5秒以内に行動を起こして作業に取り掛かると意外にできるものです。

ちょっとやるつもりが気づいたら3時間もやっていたなんてことはザラにあります。

本当に5秒以内に決意して動けばすごく楽になるのでおすすめです!